安福寺

京都府内の石造物⑲:安福寺層塔(伝・平重衡供養塔)

名称:安福寺層塔

伝承など:平重衡供養塔

所在地:京都府木津川市木津宮ノ裏 安福寺

JR木津川駅から北方の木津川方面に少し歩いた所にある安福寺は、平重衡縁の地である。

平清盛の五子で、「本三位中将」の通称で知られる重衡は、一の谷の合戦で捕らえられた後、東大寺大仏殿焼失によって東大寺の僧の怒りを買っていたことによって鎌倉から引き渡され、木津川で処刑されたが、後に重衡を供養するためにこの寺が建

もっとみる

滋賀県内の石造物⑫:金堂馬場五輪塔

名称:金堂馬場五輪塔

伝承など:なし

所在地:滋賀県東近江市五個荘金堂町 安福寺

近江商人の町として知られる滋賀県の五個荘は、近江商人の屋敷などの古い町並みが残る地区であるが、その五個荘の安福寺の境内に鎌倉時代後期の正安二年銘を持つ五輪塔がある。

地名から金堂馬場の五輪塔と通称されるもので、在銘塔としては滋賀県最古の五輪塔である。

地輪が低く古様を示す石塔で、鎌倉時代の五輪塔特有の重厚感

もっとみる