木内達朗

ゴルフの悪魔

週刊文春 創刊60周年記念 短期集中連載
ビートたけしさんの『ゴルフの悪魔』全四回終了しましたので、全部の挿絵を載せます。上にあるものほど新しい順番です。

これは長嶋茂雄さんが長い山芋を持っている絵です。長嶋さんのおもしろエピソードは、たけしさんがよく喋るネタなので聞いたことあるかと思いますが、この小説にも出てきました。

だいぶ昔、初めてこの山芋のエピソードを聞いたときに、僕が作った俳句があり

もっとみる

American Illustration

アメリカの年鑑コンペはもう他は出さないことにして、American Illustrationだけに絞りました。それで今年も何とか下の四点が紙の年鑑のほうに入選することが出来たのですが(紙の年鑑に掲載されるselectedとwebに掲載されるchosenがある)、応募するのにエントリー料がかかる上に、本に掲載されると出版料が一点につき95ドルもかかります。

高い…。

まあ、選ばれるのは光栄だし、

もっとみる

青山塾の授業の話(素晴らしいですねって言われた!)

前回ののnote
青山塾に行こうと思ったきっかけ、その3(木内達朗氏のこと)
の続きとなります。

なんだかんだありまして、最初の授業の日の話。

入塾書を書いてから、初めての授業の日になるまでちょっといろいろありました。端的に言うとお金がないことに気が付き(最初に気がついて!)4月入塾を伸ばして7月から授業を受けることにしました。

カリキュラムの途中から授業を受けることになり、
そのころには、

もっとみる

青山塾に行こうと思ったきっかけ、その3(木内達朗氏のこと)

こんにちは、イラストレーターの船津です。
こちらのポストに続いて
青山塾に行こうと思ったきっかけ、その1
青山塾に行こうと思ったきっかけ、その2

今回は木内達朗氏について書きたいと思います。

その1の冒頭で下のように書きましたが、

それで、なぜ青山塾に通おうかと思ったかというと、
う~ん、いろいろあるのですが...
1、自分の作品を変えたいと思ったことと
2、母のふとしたある一言が気にかかっ

もっとみる

木内達朗展 「白と熊」 に行ってきました

初日の午前中に行ってきました。

いつもは画面で見る、素敵な色使いと心動かされる構図の絵やイラストが沢山。やっぱり好き…。ああ、この色使い好きとか、構図、このモチーフ選び素敵…などなど。

また作品集的なものが、数量限定で売り出されるということで、とても楽しみにしていました。2つとも買いました。好きな作品が沢山手元にあるようにしたかったです。叶ってよかった。そして、嬉しいことにインタビューみたいな

もっとみる

イラストレーター、木内達朗さんの話

こんにちは、東京メロンボーイです。
今回は僕の先生であり、イラストレーターの木内達朗さんについて書こうと思います。
こちらで木内達朗さんの作品が見られます。
https://tatsurokiuchi.com/

まず、木内先生ですが、青山塾というイラストレーションの学校で講師をされています。
僕はその青山塾を卒業しているのですが、青山塾に入ろうと思ったきっかけが木内先生でした。

僕は子どものこ

もっとみる

二酸化炭ソー

あまり知られていないことですが、
人類には一度だけ魔法を使う機会が与えられているのです。
一度だけです。最初で最後です。

 出ました。二酸化炭素を吸って酸素を吐く巨大な生物、二酸化炭ソー。二酸化炭ソーが二酸化炭素をどんどん吸ってくれるので、地球の二酸化炭素レベルはどんどん下がっています。
 これで温暖化対策もバッチリということで、世界中の国が二酸化炭ソーを導入し始めました。
 二酸化炭ソーは身体

もっとみる

ギソーの見分け方

あまり知られていないことですが、
人類には一度だけ魔法を使う機会が与えられているのです。
一度だけです。最初で最後です。

 この漫画を執筆中、餃子が世間を騒がせていました。
 餃子は、偽装、というのとはちょっと違いましたが、一目で偽装を見分けられるような魔法はどうでしょう。
 それで今までどんな偽装があったっけ? と思い出していたら、ほとんど何でもアリで、何を描いてもハマりそうだったところが怖い

もっとみる

(絵本『いきもの特急カール』の著者である木内さんがイラストレーションを制作・提供された(!)、FIFA World Cup 2018の公式アニメーション。各SNSのアイコン(特にTwitter)の登場のさせ方が、かわいい……)
https://youtu.be/Xt7pcr92BYo