本庶佑特別教授

ノーベル賞受賞後の初講演で本庶佑特別教授が『10万個の子宮』を紹介

表紙の写真は昨年、『ネイチャー』の名物編集長の名を冠したジョン・マドックス賞を受賞した際に、2018年ノーベル医学賞受賞の本庶佑氏と京大ゲノム研の松田文彦氏に京都の料理屋でお祝いをしていただいたときの写真。そして下は、東京で開かれた同賞の祝賀会の際、本庶氏が祝辞を述べている写真です。

祝辞のなかで、本庶氏はこう言いました。

「なぜ村中さんひとりにこの問題を任せているのか。子宮頸がんワクチンの接

もっとみる

免疫療法にノーベル賞/本庶佑氏

あまり効果のない「抗がん剤」に対して、圧倒的な治療効果を示した免疫チェックポイント阻害剤(免疫療法)。
 その開発の元となった「免疫をストップさせるタンパク質PD-1」を発見した本庶佑・京大特別教授(76歳)にノーベル医学・生理学賞が授与されました。
 米テキサス大教授のジェームズ・アリソンさん(70歳)との同時受賞ですね。

 がん治療薬「オプジーボ」として小野薬品工業から発売されて、森元首相の

もっとみる

幸せな人生💖

「私は本当に幸運な人生を歩いてきた」

ノーベル医学生理学賞の受賞が決まった京都大の本庶佑特別教授の言葉です。

なんてステキな言葉でしょう♪

この言葉で、先生の周りにいる人みんな、先生の研究に関わった人みんなが、幸せになります。

なんて思いやり深い人でしょう🎶

オフィスのそばの、秋色に染まった樹を見あげて、私も幸せのおすそ分けをいただいています🍂

#ノーベル医

もっとみる