ノーベル平和賞ってどうやったらもらえるんだろう?

みなさん、こんにちは!

次世代教育によって日本を盛り上げていくCallingerの帆足です。

「ノーベル賞」って聞いたことある人がほとんどだと思いますが、何種類あるか知ってます?毎年、誰が受賞したというニュースでその存在を思い出しますが。

ノーベル賞は、ダイナマイトの発明者として知られるアルフレッド・ノーベルの遺言に従って1901年から始まった世界的な賞である。物理学、化学、生理学・医学、文

もっとみる

塗り重ねられるホイップ、もとい、コンクリート
米軍海兵隊は3Dプリンタで兵舎を建設しています

応用次第では、災害時の仮設住宅建設にも

生活に欠かせないGPSシステムの発端も米軍の実験
ダイナマイトを発明したのはノーベル

軍需産業には複雑な心境です #がっちりマンデー

Thank You! お気に召していただけたようで幸いです!
33

留学の充実度を左右するのは"派遣先の人間関係"

こんにちは、 #橋渡し人 こと、Shihoです。

今日は、留学先をどこにしようか迷っている方に向けて、留学の充実度を決めるとても大切なお話をしたいと思います。

留学先・派遣先のプログラムや、仕事の充実度を決める決定的要因は、間違いなく"人間関係"です。

やりたいこと、仕事に対するモチベーションは後からいくらでもついてきます。

いくつか短期で行ってみたいところ、配属先の研究室や施設でもなんで

もっとみる

自分を信じていこうよ-僕とノーベル物理学賞受賞者との出会い-

皆さんは「ヒッグス粒子」という言葉をご存知でしょうか。ヒッグス粒子とは、1964年にピーター・ヒッグス氏が提唱した素粒子のことです。とても簡単に説明すると、今世の中にある全ての物に「質量」を与えた素粒子のことです。分かりやすい説明動画を貼っておきます。

さらに詳しく知りたい人は以下の動画もどうぞ。

ちょっと難しい話ですが、今回はこのヒッグス粒子について話したいわけではなく、この素粒子の存在を初

もっとみる

日の名残り(著者:カズオ・イシグロ)

品格ある執事の道を追求し続けてきたスティーブンスは、短い旅に出た。美しい田園風景の道すがら様々な思い出がよぎる。長年仕えたダーリントン卿への敬慕、執事の鑑だった亡父、女中頭への淡い想い、二つの大戦の間に邸内で催された重要な外交会議の数々―過ぎ去りし思い出は、輝きを増して胸のなかで生き続ける。失われつつある伝統的な英国を描いて世界中で大きな感動を呼んだ英国最高の文学賞、ブッカー賞受賞作。(Amazo

もっとみる

オートファジー

細胞の若返りに関する体の仕組み。

断食するとこれが促進される😃

細胞内に溜まったゴミを使って細胞をリサイクルするとか、

人体って、なんてエコにできているんだろう、感動する😍

道理で、全身タンパク質の私が1日60gのタンパク質食べるだけで平気な訳だ😲

本庶教授 革新への提言「企業、目利き育成を」

#COMEMO #NIKKEI

政府は介入を避けよ

――イノベーションとは何ですか。

「イノベーションとは結果だ。とんでもないと思うようなことから始まって、結果として世の中を大きく変える。アマゾンやフェイスブックが登場したとき『うまくいくわけがない』『どうやってもうけるんだ』とバカにされた。世界トップの企業になるなんて当時は誰も思わなかった。振り返ってみれば、あれがイノベーションだったと認識

もっとみる

ファーストリテイリング会長兼社長 柳井正氏「チェーン店の時代 終結」を読んで

#COMEMO

2019年1月13日(日)付日本経済新聞朝刊2面には、ファーストリテイリング会長兼社長 柳井正さんの目を引かれる次のような記事が掲載されていました。

チェーン店の時代 終結

( https://www.nikkei.com/article/DGKKZO39976180S9A110C1EA1000/ )

©source by nikkei.

以下、一部転載。

「…デジタル

もっとみる

黒カビが脳梗塞の新薬にっ!?

月間チャンサーです。

酒を飲みつつ、ネタ探し あーんど 趣味のネットサーフィーンをしては お届けしたい話題を noteにもペタペタ ペタンコッとしているのであります。

っか、最近 ネットサーフィンなんて言いませんよねぇぇええ orz

まっ そんな話はいいとして。。

黒カビが脳梗塞の新薬にっっ!

こちらからどうぞ → 脳梗塞の新薬に「黒カビ」 ノーベル賞有力候補者の愛弟子が発見 https

もっとみる

「クォーク」の提唱者、マレー・ゲルマン氏に思いを馳せる

一番小さい存在は原子核と考えられていた時代に、さらに基本的な粒子が存在すると考え、その存在を「クォーク」と提唱した偉大な人物、マレー・ゲルマン氏が亡くなられました。89歳でした。

クォークは、物を構成する一番小さい単位である「素粒子」のこと。私たちの体も素粒子できているし、今触っているパソコンも素粒子で出来ているし、さらに素粒子が宇宙の誕生にまで関係していると知れば、興味がふつふつと湧いてきます

もっとみる