札幌市中央図書館

うきくさのように始まり-031

「你少在那邊亂了,我滾蛋妳可開心了吧?」圓領衫嚥下三明治,喝了口熱飲,冷笑著。
 他其實不討厭亮子栗,兩人還經常互為職務代理,很多時候也一同處理比較麻煩的案子。
 他只是有點吃不消,亮子栗總是那樣粗枝大葉又嘰嘰呱呱個沒完。

 「そんなことしません……あのさ、俺が転勤なんて、お前は嬉しいだろう?」彼があざ笑って、口中のものを飲み込んでから、暖かい飲み物を啜った。
 彼は、栗このことを嫌いじゃない。

もっとみる

うきくさのように始まり-023

隻身來到堡台,陌生的繁華榮景總讓她思鄉深切,因為她再也無法回到她的故鄉,那些喚不回的親友、變了調的過去,無法再做任何修補了!

 まひなは一人でここに来た。この賑やかって馴染まない街にあって、彼女はいつも前所を懐かしく思う。あの戻らない故郷、亡くなった親友たち、そしてめちゃくちゃになった過去は、もうやり直しができない。

 她無力地癱靠在椅背上,雙目沒有焦點地在往來人潮身上隨意沾覽:像他們一樣,什

もっとみる

Before we begin, you must all be warned, nothing here is vegetarian.

皆さん、宴を始める前に、一つ伝えておきたいことがあります。
この宴で、菜食には全然ありません。

◎使役練習◎

矢部礼は六歳の頃、一度も会ってない父は、彼を名の知られていない国のボーディングスクールへ送らせていた……

うきくさのように始まり-017

「也是緣吉?」夕陽紅追詰。
「也是?只有緣吉不是嗎?」銀碎花用疑惑望了她一下。
「你有去看過她嗎?」

「お母さんも楽境?」と、せきかみが聞き返した。
「もって?楽境だけじゃないの?」と、銀ネイは疑問に答えた。
「お母さんに、会いに行ったの?」

 夕陽紅不知道自己為何用也是,自己也沒聽過有其他的安養園區,但是她確實用了也是,彷彿還有其他的安養園區,彷彿她知道還有其他的安養園區。

 せきかみは、

もっとみる

うきくさのように始まり-011

這些飲料容器外觀的機器人,隸屬「堡台市政總局」。
「機動庶務單元」,是它們在總局財產目錄上的登錄。
總局方面,多稱「黃蜂」,一般來說,它們以接受命令為主。

 これらの飲み物容器のようなロボットは「市政総庁」のものだ。
 ロボットたちが総庁の財産目録で「機動行政ユニット」に登録された。
 これらのロボットたちは、主要な役目は命令を受け取る。普段は、総庁がロボットたちを「アリ」と呼んでいる。

 它

もっとみる

涼しい台風日~♫ のんびりとした街行く人~♪

こんなの国へ行きたいでしょうか?

この世界の中で、君は、どんなライフスタイルに憧れる?
24

羽田

君のスーツケースが、さわさわと囁く声の中で、ころころと響いている。
 貴方は、ぴかぴかの床をひょいひょいと歩いている。

 今回の旅路は、もう始まった。
  家族からの「行っていらっしゃい」を、
  友達にも「楽しい旅を」をもらって、
  そして、今の君が、これから一緒に旅する友人たちを待っている。

 その旅ともは、
  中学生の時から知り合った大田。
  高校時代が始まって、よく馴染んでいた蒲

もっとみる
台湾へ来たら、街で私と会えるかもしれない~★♪
29