楽器練習

【個人練習とバンドアンサンブル練習の正しい割合とは!?】

こんにちは!
セッションインストラクター
の斉藤 彰広です。

もっと練習して
上手くならなくちゃ!
という思いは多くの方が
共通して持っています。

でも、どういう練習をしたら
一番早く、高いレベルに
到達できるのか?

これは悩みが尽きない
のではないでしょうか??

大抵の人は、練習というと
いわゆる「個人練習」
をイメージします。

でも、残念なことに
僕の周りの人間で
「個人練習だけ」

もっとみる
スキありがとうございます!もっといい記事書きますね!
6

楽器上達に重要な「きき指」とは!?

この動画講座のポイントをまとめると…

1人間には「きき腕」と同じく「きき指」があった!?
2腕には生まれつき得意な回転方向がある!?
3尺骨と橈骨って知ってる!?
4上腕と前腕で回転が違う!?
5身体操作を楽器演奏に取り入れる時
 これだけは忘れるな!

などなど、
普通の楽器レッスンでは
まず教えていない内容を
太っ腹大公開しています!

ぜひチェックしてみてください。

スキありがとうございます!もっといい記事書きますね!
4

【練習しなきゃだめだ!が口癖の人は危ない!?】

こんにちは!
セッションインストラクター
の斉藤 彰広です。

あなたの周りにも
いないでしょうか?

「練習しなきゃだめだ!」
が口癖の人

もちろん
本人は本当に
そう思っているでしょうし
練習が楽器の上達に
必要なのは
言うまでもありません。

でも、さらに突っ込んで
観察してみてください。

そういう人に限って
【他人にも厳しい!】

練習しなきゃだめだ!
と思うのは
自分の問題なので

もっとみる
スキありがとうございます!もっといい記事書きますね!
5

【よいリハーサルと将棋の意外な関係性!?】

こんにちは!
セッションインストラクター
の斉藤 彰広です。

音楽ライブをやる前に
必ずリハーサルを
すると思います。

特に、最後の最後に
全体通してゲネプロ
と呼ばれる通しリハをやります。

そのコツについて
解説していきます!

リハーサル
特に「ゲネプロ」と呼ばれる
最終通しリハはコツがあります。

そして
このコツは意外や意外
将棋と関係性があります。

結論から言うと

【将棋の感想

もっとみる
スキありがとうございます!もっといい記事書きますね!
1

まるでアレンジしたかのようにバンド全体がアドリブで展開する方法!

動画の要点をまとめると…、

・アドリブはストーリー展開が命!?

・ソリストーバンド全体ー観客
 の三位一体を意識しよう!?

・アドリブ特有のハンドサインって何!?

・アドリブなのにバンド全体で
 サビに展開してしかも戻ってくる方法!?

などなど、

まず普通の
教則本には載っていない

内容をガツンと
無料公開してみました!

ぜひチェック
してみてくださいね。

スキありがとうございます!もっといい記事書きますね!
2

【すぐ上達する人のセッション見学の仕方!?】

こんにちは!
セッションインストラクター
の斉藤 彰広です。

実は僕はセッション初心者が
どんな風に見学しているのか?
をみるだけで
その人が上達するのか
しないのか、ある程度
見分けられます。

まず
上達しない人の特徴から行きます!
ポイントは3つ。

【1 自分の楽器を常に
   いじりながら見学している】

【2 目線が下、または
   どこか一つに張り付いている】

【3 拍手をしない

もっとみる
スキありがとうございます!もっといい記事書きますね!
3

今日はレッスン、とは言えない集まりです。カホンの練習会。部活のようなもんです。4~5人でアンサンブル。
もうちょい人数増えると楽しさも増してくるので、そのための募集材料として今日はビデオ撮りします。みんなキンチョーするかなーー?

エレキギターが楽しくなるジブリのオリジナル練習曲~初級編・中級編

どうも、やんじぇです。

ギターを教えていたことがあったのですが、どうにも教本というのが自分自身苦手で・・・。

練習してる感というかメロディのないフレーズをただ無心で反復練習するのは単純に楽しくなくて、なので人に教えるときは少しでも楽しみながらやってもらおうとオリジナルの練習曲を用意していました。

やっぱり知っている曲を弾くのが楽しい。老若男女誰でも知っている曲がいいなということでジブリの曲を

もっとみる

音楽と才能④ 〜上達の過程と音楽天性論〜

前回は音楽天性論にもそれなりの正当性があった時代があるが、2019年現在はそんな時代ではないと説きました。

才能ではないなら何なのかと言うと、学び方さえ間違わなければ、あとは本人の意思一つで望むところまでは上達できます。そんな時代が来たのです。

しかし、そんな現在でも未だに音楽天性論を払拭できないのは何故なのでしょうか?

それは初めから決めつけているというのが一つ、もう一つは音楽天性論者が増

もっとみる

グルーヴとフィールって何?

「来学期までにフィールを鍛えてこい」と、夏休み前最後の授業でいわれた。

僕はフィールっていうのは、演奏する曲ごとに存在する固有の雰囲気のことだと思っている。コンピューターが演奏する音楽が「なんか違う」のは、このフィールという部分が欠落しているからだってよく言われている。

場合によっては僕がいうフィールをグルーヴだと定義づける人もいるし、そこに関しての解釈は人それぞれ。グルーヴは、個人が持つ普遍

もっとみる