毎日ギフト

夏の終わり

森山直太朗の歌を思い浮かべてしまう夏の終盤。お祭りもイベントも参加せずのんびりと。しみじみ、やがてまあるい気持ちに。

私の知らない平成があった

テーマが「平成」のイベント(悪友ナイト)に参加した。ふみコミュニティ、素材屋、専属モデル……自分が通ってないものばかりで、聞いていてとてもわくわくした。会場にいる人の多くが、学生時代にHTMLをたしなんでいて尊敬する。

もっとみる

もうこれ以上、炭酸水に怯えないたった1つの方法

ペットボトルの炭酸水を開ける時の、盛大な「ぷしゅー!!」にビビりがちです。でも、飲みたいそんな時、キャップをそろーりゆっくーり開けると、脅かされません。カッコ悪いですが、おすすめです!

🍒🍒🍒 読んでくださって感謝です。レーニアをどうぞ。
1

過去と未来の過去を見ているひと

今日のダーリン、気になったところをメモ(一部要約してます)。

「見えるものが古くなっているようす」を見る(感じる、あるいは感じるような場所に立つ)

人間のなかには「中学生時代」を見ることにしてる

この辺りを噛み締めて考えたい。人や物への新しい視点、難しいけれど色々取り入れたいのだ。

もっとみる
🍒🍒🍒 これからもよろしくお願いします。紅秀峰をどうぞ。
2

インタビューを見直す

昨年秋に行ったインタビューを、久しぶりに読み返してみる。次の記事のリンクを貼っていなかったり(遅まきながら先程整えた)、分量が長かったりと反省しきり。次はもっと良くできますように。

もっとみる
🍒🍒🍒 読んでくださって感謝です。レーニアをどうぞ。
4

ちょうどいい風

今日の都内は先週よりも過ごしやすい気がしている。夜風は湿気もあるけれど心地よい。このまま涼しくなってほしい!!

🍒🍒🍒 これからもよろしくお願いします。紅秀峰をどうぞ。
1

探し物を見つける

入稿予定のレビュー記事を、急遽変更することに決めた朝(お蔵入りにはしない予定)。慌てて別の本を探したところ、良いものが見つかった。なんとかなってほっとしている。

タピオカを召喚したい

「マツコの知らない世界」の再放送枠で、タピオカ回が放映されていたので視聴。フードとスイーツの間に位置する唯一のドリンク、という説明に頷く。トークイベントに参加している時、どうしても小腹が空くので、そんな時に心がタピオカドリンクを欲するのです。

人生の時間を考える

「クリスチャン・ボルタンスキー Lifetime 」を国立新美術館に見に行った。見知らぬ人々の写真、服の山、心臓音で創り上げられた空間は、帰らぬ人たちとそこにいる生者が変わらないものだと教えるよう。ひかり飛び交う涼しさの中で、来し方とこの先に思いを馳せる。

アトロク(アフター6ジャンクション)

radikoのタイムフリーでアトロク(火曜日)を聴く。ちょうどいいAM感と、カルチャー多めの話が嬉しい。ここで「あした死ぬには、」が紹介されて品切れを起こしているらしく、さすが人気番組だなあと。

🍒🍒🍒 読んでくださって感謝です。レーニアをどうぞ。
2