『荷台』(超短編小説/750字)

初夏の陽射しは眩しかった。

   とめどなく額に垂れる汗をタオルで拭き取る。担任の先生も髪がびしょびしょになって頭皮に張り付いていた。

   中学の校外学習で大農場に来ている。早朝の薄暗い時間から、生徒10人で農作業を手伝っている。農業はこんなに腰にくるものなのかと思った。一刻も早く終わってほしかった。

「そろそろお昼にしましょう!」

   農家のおじさんが生徒たちに声をかけた。みんな作業

もっとみる

雑記:投稿前に最低限チェックしておきたいポイント

見直し!だいじ!

よう、兄弟。俺だ。今日も良く来てくれたな。

今日は投稿前のチェックポイント、最低限の内容を考えてみよう。

1:読みやすい文章になっているか?

可読性はチョーだいじだ。
書き慣れている人はすんなり読みやすい文章を書けるが、書き慣れていないと何が書いてあるのか全然読み取れなかったりする。

しかも、この読みにくさは自分だと意外と気付きにくい。文章の性質は書いた本人の思考の性質

もっとみる

自分をしぼる訓練【アイデア発想と知識洗練】

毎日更新を始める前にもちらほらnoteを書いていて、そんな中にこんなnoteがあった。

時間を決めて、アイデアを片っ端からアウトプットしていくことを「脳をしぼる」と呼び、推奨していた。

今日はこのnoteを元にして、「自分をしぼる」方法について書いていこうと思う。

自分をしぼる

「自分をしぼる」という言葉からどんなイメージを得るだろうか?

僕がイメージしているのは、頭と身体をひねりながら

もっとみる

51.魂の経験

現在にいたるまで、多くの文明が生まれてきたが、地球にいる人類の歴史はとても浅い。それは魂のレベルにおいても同じこと。

地球における魂の歴史は、磨かれきっていないマテリアルだ。人間というものが、まだどんなに低レベルであるか、また、どれだけの可能性や能力を秘めていることか。

あらゆる宇宙で生きた魂の経験を、この地球で発揮させるのはいつからでも遅くない。 どんなに体が老いておいていようとも、まと

もっとみる

50.産まれ持つ才能

欲望に忠実であるのは素晴らしいこと。欲望に忠実とは、感覚を使いこなしているということだ。それは能力を使いこなす才能であり、選ばれしものしかできない特別なことなのだ。

平凡に日々を送るすべてのものに伝えよう。
選ばれし、特別な才能を持ち合わせたもの、とはあなたなのだ。

あなた自身が望んで、カテゴライズした世の中。あなたはすべてを選択し、つかみとる能力がある。それはすでに理解したはずだ。
けれども

もっとみる

人間の集中力は、あてにならない。

※10分間で書く、下書き・推敲なしのぶっつけ本番エッセイ。毎日更新136日目※

最近、集中力の低下が著しい。というより、集中力の持続時間が減った、とでも言おうか。前は午前中の3時間くらいはぶっ通しで仕事できていたのに、いまは1時間ごとくらいに休憩を入れないといけない。ぷつりと緊張の糸が切れて、なんかふわーっとちがうことに手をつけてしまう。

別に、やる気がないわけじゃない。それでも、ふとした瞬間

もっとみる

アトピー夏問題・冬問題

こんちには。もりぴーです。

今日はアトピーの夏問題・冬問題について扱っていきます。アトピーは、季節によって症状が変わってくるんです。夏と冬に対して、どのような症状や問題点が発生するか見ていきましょう。

とりあえず自己紹介。

小さい頃からアトピーで苦しんでいました。アトピーを改善できるような有益な情報を発信していきます。介護、看護もやっていて福祉と医療をぶち上がていきます!アトピー、介護、看護

もっとみる

ありふれた日常の中の感動

いつもぼくは家から駅までの道のりを約30分かけて歩いている。
もちろん、バスが出ていないなんてことはない。むしろ、乗れと言わんばかりにバスが来る。

夏に近づくにつれてバスに乗りたい欲はとても強くなる。

しかし、そこには大きい壁がある。
そう。"お金"だ。220円かけてバスに乗ると考えただけで胸が熱くなる。
「歩けば無料」いつも自分に言い聞かせている。

そんなぼくは今日4ヶ月ぶりにバスに乗った

もっとみる

完全に日記です。

こんにちは。

「なぜ朝に勢い余って二本noteを更新してしまったんだろう…昼用に一本取っておけば良かった…」と考えているあきらとです。

即時公開以外したことないのでいいのですが、もとから中身がない自分の文章が、薄まりすぎていることに危機を覚えています(笑)

・・・

今日は、久しぶりに職場の自席で仕事をしています。

連休を考えると、5日ぶりに訪れた職場は、ほんの、ほんの一瞬だけ新鮮味があり

もっとみる