画像作成

【無料ヘッダー画像作成企画】応募方法はこちらをチェック!ココナラ新規出品キャンペーン!WEB画像プレゼントします

皆さまこんにちは!おすん(@osunnotsubuyaki)です。

この度、ココナラの新規出品サービスを記念しまして、ヘッダーまたはアイキャッチ画像の無料プレゼント企画を立ち上げました!

ココナラで新規出品したサービスを無料で作成する企画です。
https://coconala.com/services/856919

応募してくださった方の中から抽選で当選した方にヘッダー画像の作成を無料

もっとみる

画像デザインおすすめサービス

さっき書いたコーヒーについてのテキスト記事に、画像を編集して使わせてもらったので、おすすめサービスとして載せておきます。

Canva

 会員登録が必要です。その後は、トップページから作りたい画像のテンプレートを選んで、編集ページで編集エリアの画像や文字や、それぞれの大きさや幅を変えて。そして、ダウンロードとか保存するだけ。
 有料プランもありますし、画像などを選ぶ際に有料と無料のものが入り混じ

もっとみる

写真や動画をやって、デザインセンスが磨かれた話

どうも、僕は今YouTuber中島兄弟さん(@nakajimabros)の専属映像編集者で週一で動画を作成しております!

それに加えて、アイキャッチ画像も作成しているのですが

最近Photoshopでの画像作成が楽しくて、ついついこだわって作成しております。

根本には、以前以上に写真に対して目が肥えました。

良い写真には、見とれてしまいますし写真展や展示会に興味を持ちました。

デザイン!

もっとみる

イベント「ImageFlux Meetup #3」に弊社のSREエンジニアが登壇いたしました

2019年3月15日に開催されましたイベント「ImageFlux Meetup #3」にて弊社のSREエンジニアの久松が登壇いたしました。

ImageFluxはさくらインターネット株式会社様とピクシブ株式会社様によるクラウド画像変換サービスです。

イベントでは、FilmarksにImageFluxを導入することにより、最低限の改修で負荷改善・画像レスポンスの高速化が実現できたことをお話させ

もっとみる

屋外でAR(拡張現実)体験-12 実践

iOS ARアプリMixAR camを使ってAR体験。
アニメーションや映像の素材を使ったAR体験の実践について書きました。
MixAR camではARオブジェクト向けの映像素材は用意するには必ず正方形の映像でないと他のアスペクト比だと変形してしまいます。
iPhoneのカメラにあるビデオの映像録画は縦長もしくは横長のなので他の映像編集アプリで正方形にトリミングする必要があります。
MixAR c

もっとみる

AR(拡張現実)体験 表現と感覚-01

MIxAR camでAR体験をするために様々な素材作成とテストしてる。
 画像と映像をARオブジェクトとして空間に配置したら存在感のあるAR体験になるか?どんな体験を目指すかでも表現も違ってくる。悩みどころ。
実際の空間に置いてみると環境によってARオブジェクトが浮いて見える。浮いてるというのは置き方が悪く地面から浮遊してるとか追従してくるなどもあるがその場の自然とか環境とかけ離れてるとか感じがす

もっとみる

屋外でAR(拡張現実)体験-11 実践

iOS ARアプリMixAR camを使ってAR体験。
屋外でAR体験する場合について実践について書きました。
今回は、08〜09で制作した素材を使って屋外でARオブジェクトを空間に置く方法です。
MixAR camではターゲットを使ってARオブジェクトを空間に配置して画像を適応する手順が必要です。操作方法は屋外でAR(拡張現実)体験のマガジン「屋外でAR(拡張現実)体験-03 基本操作」にありま

もっとみる

AR拡張現実を屋外で 公園のデカ猫鎮座

AR体験の実践で作成した屋外チャレンジ。
MixAR cam
広がった公園だとARオブジェクトを置く基準になるものがありません。空間にARオブジェクトを置いてもどこかに行っていまい消滅してしまいます。そのためARkitの特性を利用します。まだまだ思った通りのAR体験映像ができないのですがさらに今年の夏は酷暑!自身の身体も過酷、AR体験も決死の覚悟!
あまりの暑さでiPhoneがハングアップ。ARア
もっとみる

屋外でAR(拡張現実)体験-10 実践

iOS ARアプリMixAR camを使ってAR体験。
屋外でAR体験する場合について書きました。

MixAR camはAppleのiOS11 ARkitをいうiPhone/iPadで拡張現実を実現できる環境を使っています。昨年の秋にリリースされたこの環境はOSレベルでサポートされてる高度なAR環境です。しかし、まださまざなな制約、条件、環境があり、特に屋外でのAR体験をする場合は工夫が必要

もっとみる

屋外でAR(拡張現実)体験-09 素材制作2

iOS ARアプリMixAR camを使ってAR体験。
ARオブジェクトの素材(画像/映像)で画像制作。
写真画像から線画イラスト。

モバイルアプリAdobe Photoshop MixとAdobe CaptureCCを使って線画イラストを作成するフロー(工程)について書きました。
Adobe CaptureCCは、スマートフォンやパッドのモバイルカメラで撮影したデータを元に様々なデザイン用

もっとみる