積層セラミックコンデンサ

日本化学工業の2019年Q1決算を読み解く~自動車向けMLCC原料パルセラムが牽引役~

今回は日本化学工業の決算をみていきます。

日本化学工業は、名前の通り化学メーカーです。

同社は様々なユニークでニッチな化学製品でトップシェアを持っていますが、とくに近年、MLCC(積層セラミックコンデンサ)向けのチタン酸バリウムの出荷が急増して業績をけん引しています。

同社のチタン酸バリウムは品質が高いと定評があり、村田製作所やTDKが自動車向けMLCCに使用してきました。

今回はそのあた

もっとみる

京セラの2019年Q1決算を読み解く

今回は京セラの決算をみていきます。

京セラといえば電子部品のイメージが強い会社ですが、実のところその経営は複雑かつ多角化しています。

今回はそのあたりも含めて、同社の経営の実態をセグメント業績ごとに見ていきたいと思います。

まずは先日出てきた決算をざっくりと解説していきます。

京セラ 2019年Q1決算 概況

もっとみる

太陽誘電の2019年Q1決算を読み解く

今回は太陽誘電の決算をみていきます。

太陽誘電はMLCC(積層セラミックコンデンサ)の大手です。

MLCCはスマートフォンやパソコン、クラウドサーバー、ゲーム機、IoTデバイスなど多くの場所で利用される必須の電子部品となります。

近年、このMLCCが自動車向けなどにも利用されるようになり、出荷数量の増加と価格の上昇が起きました。

今回はそんなMLCCに軸足を置いた経営を行っている太陽誘電に

もっとみる

村田製作所の2019年Q1決算を読み解く~MLCC価格が時間差で上昇~

今回は村田製作所の決算をみていきます。

村田製作所は一般の方には馴染みの薄い企業ですが、日本を代表する世界的な電子部品メーカーです。

同社は特にMLCC(積層セラミックコンデンサ)で世界シェアトップであるほか、スマートフォンや通信機器に必須の表面波フィルタなどでも世界有数の企業です。

また、ロボットの触覚デバイスなどに利用される圧電センサや、スマートフォンなどに利用される樹脂多層基板、医療デ

もっとみる

サムスン電機(SEMCO)の2019年Q2決算を読み解く~MLCC世界2位~

今回はサムスン電機の決算をみていきます。

サムスン電機(Samsung Electro-Mechanics/SEMCO)はサムスン電子(Samsung Electronics)の関連会社です。

同社はいろいろな事業を行っていますが、特にMLCC(積層セラミックコンデンサ)で世界2位の企業として有名であり、同社の業績動向はMLCC市場の動向を占う上でも重要な意味を持っています。

とりあえず、そ

もっとみる
1