笑話小話

真説・大日本昔話

真説・大日本昔話

むかし、むかし、

そのまたむかし、

さらにそのむかし、

さらにそのまたまたむかし、

あるところに、

おばあさんと

おばあさんが

住んでいました。

二人のおばあさんはレズだったらしいです。

おしまい

もっとみる

【笑話小話4】私にはない力

夏も終わりに近づいた週末。
書類の整理に勤しむ午後。

その書類の名は、

『総勘定元帳』

というらしい。

ちなみに、本来これの管理は私の仕事ではない。今、自分の仕事ではない故にめっちゃ集中して黙々と作業する私の後ろで、スマホとパソコンに齧り付いて「あーでもない」「こーでもない」と騒いでる二人(経理おねぃさま&経理K氏)の仕事である。

まーもう何回もやらされてるけどね。

後ろで何を騒いでい

もっとみる

【笑話小話3】同じだと思う

〔こないだ行った幼なじみSの店にて〕
 
ゆ「あれ? そのスマホ私のと同じじゃない?」
S「おお、これやっとこないだ機種変したんだ」
ゆ「同じっぽい……色は違うけど」
S「S社の○○(型番)ってやつ」
ゆ「違うな……(じっと考え)……あ、や、それだ!」
S「ホントに!? なんか、おれら運命感じない!?」
ゆ「いや、特には。そもそも私がこれに変えたの去年だし」
S「また、そーゆうつれないことを言う…

もっとみる

【笑話小話2】平成に置き話

〔平成最後の大晦日・紅白歌合戦中〕

娘「あ、この人、初めて出場らしいよ。……よ、よ、よ……よねつ(米津)……げ……げんすい(玄師)……さん……? ……変わったお名前だね」

母「……今、“よねづけんし”って言ってたと思うけど……」

娘「あ、そうなんだ! “米津”って字を見ると、よねっちゃんしか浮かばないからさ~」

母「……よねっちゃん? ああ、中学の時のヒゲの……堀内○雄そっくりの!」

もっとみる

【笑話小話】ある姉妹の会話

「姉貴ってさぁ……何で義兄さんと結婚したの?」
「私とお父さん?」
「うん、そう、あなたと義兄さん」
「私はねぇ……先生のとこに仕事で住み込みの弟子入りしてた時に……」
「うん」
「先生と関係のある組合にお父さんがいて……」
「うんうん」
「最初はそんなに話したりするワケじゃなかったけど、顔は合わせるからたまには話したりするようになって行って……」
「うんうんうん」
「何年か経って、ある日の夕方に

もっとみる