薬剤効果

なぜ医学論文を読む必要があるの?~理論と現象…“薬が効くとはどういうことか”についての考察

論文といっても、学問分野によって様々ですが、一般的には十分な論拠をもとにして、主張や証明を行なう、論理的に構成された著作と言えるでしょうか。なんとなく研究者が書いたり読んだりするイメージがあって、一般の人には、馴染みがないものかもしれません。

薬学領域にも論文はありますが、大学院生や研究職など、かなりアカデミックな環境にいる人たちが読むものであって、現場で働いている薬剤師にはあまり縁が無いもの、

もっとみる