越前市

遠くにて新潟を想う。(4) -越前市から愛をこめて-

遠く離れた町で、新潟を想う人がいます。

それぞれの場所で語られる新潟への想い。
今回の語り手は、福井県越前市在住のhiroakiさんです。

アルビレックス新潟の試合が金沢県であることから、同じ北陸在住という縁でお願いし、主に質問に答える形で新潟への想いを語っていただきました。

ーーーーー
私の出身地、現在の居住地は福井県越前市です。
新潟県とアルビレックスとの関わりは、息子が進学で新潟県へ行

もっとみる

越前和紙三部:「長田製紙所の手漉き和紙」

こんにちは、現場の前田です。
レポート第三部、ラストを飾るのは、工場見学の二社目 長田製紙所です。

第二部では山伝製紙が得意とする機械漉きをご紹介しましたが、一方、今回ご紹介する長田製紙所は昔ながらの手漉き和紙を専門としています。

長田製紙所では、全国でも珍しい手漉きの襖(ふすま)紙をメインとして製作されており、また、薬品を使用しない天然の原料のみを使用した和紙の製作も行っています。

現在で

もっとみる

越前和紙二部:「山伝製紙株式会社の機械漉き和紙」

こんにちは、現場の前田です。
第二部では、工場見学の一社目 山伝製紙株式会社についてご紹介します。

機械で和紙を漉く「機械漉き」を得意とする山伝製紙の和紙は、主にパッケージやお酒のラベルなどに使用されています。機械漉きは短時間で大量に製紙可能なため、昔ながらの手漉き和紙と比較すると価格が安いところが特徴です。

見せて頂いた工場はとても大きく、「でんっ!」と佇む抄紙機もまた非常に大きく、圧倒され

もっとみる

越前和紙一部:「神と紙の祭り」

こんにちは、現場の前田です。
今回は、ゴールデンウィーク中に行なった研修のレポートを三部に分けてお届けします!

私 前田と、箔押し加工やデザインを担当している辻は、和紙の生産量一位の越前和紙の産地、福井県越前市に行ってまいりました。

コスモテックの自社製品である、辻がデザインした「夏の彩」ななめリングノートには美しい和紙が使用されています。また、普段お客様からの案件でも和紙を使用する機会がよく

もっとみる

【DAY.16】新潟発着!2ヶ月で、公務員がバイクで全国周る旅日記

この記事、連載は...
民間から中途で新潟県庁に入った公務員が、4年で退職するその前に、有休消化で全国をバイクで回る、という、ノープランな企画です。予約なし、フィーリングファースト。

6:00、宮崎県 宮崎市役所の臼本さん宅にて起床。

臼本さんのお宅で、朝食をご馳走になる。
温かい味噌汁が嬉しい。

これは宮崎産のミニトマトらしい。カラフル。

子どもたちはコナンを見ていたが、宮崎県では深夜1

もっとみる

【DAY.15】新潟発着!2ヶ月で、公務員がバイクで全国周る旅日記

この記事、連載は...
民間から中途で新潟県庁に入った公務員が、4年で退職するその前に、有休消化で全国をバイクで回る、という、ノープランな企画です。予約なし、フィーリングファースト。

6:00、鹿児島県 鹿屋のライダーハウス、「バイク王国 プラグポイント」にて起床。

この日記を更新し、身支度を整えると、このバイク王国への税金を納める。

で、このライダーハウス恒例の記念写真を。

こうやって、

もっとみる

【DAY.14】新潟発着!2ヶ月で、公務員がバイクで全国周る旅日記

この記事、連載は...
民間から中途で新潟県庁に入った公務員が、4年で退職するその前に、有休消化で全国をバイクで回る、という、ノープランな企画です。予約なし、フィーリングファースト。

6:00、鹿児島県 屋久島のフェリー乗り場付近の公園にて起床。

夜中降り続いていた雨も止んでいた。

「屋久島は月に35日雨が降る」と言われるほどに雨が降るということを知らなかったが、おかげさまで、上陸時以外は

もっとみる

【DAY.13】新潟発着!2ヶ月で、公務員がバイクで全国周る旅日記

この記事、連載は...
民間から中途で新潟県庁に入った公務員が、4年で退職するその前に、有休消化で全国をバイクで回る、という、ノープランな企画です。予約なし、フィーリングファースト。

6:00、鹿児島県 屋久島の山河公園にて起床。

公園内の湧き水で喉を潤す。

海の方は朝焼けがきれいそうなので、少しバイクで走ってみると...

いいねぇ、屋久島はほんと絵になる。

雲が特徴的なのかな。

もっとみる

【DAY.12】新潟発着!2ヶ月で、公務員がバイクで全国周る旅日記

この記事、連載は...
民間から中途で新潟県庁に入った公務員が、4年で退職するその前に、有休消化で全国をバイクで回る、という、ノープランな企画です。予約なし、フィーリングファースト。

5:00、鹿児島県 種子島停泊中のフェリーにて起床。

外は嵐。
起床というか、仮眠だ。

揺れで起こされる。マジで嵐だよこれは。
寝たふりをして眼を閉じて耐える。

それでも何とか着くもんだ。
定刻より30分ほど

もっとみる