電力自由化

電力自由化ってなあに

さっき家のインターホンが鳴ったので宅急便かと思って慌てて出たらよくわからない業者の人でした。

がっくししつつ対応すると、どうやら僕の家の電気代が安くなるらしい。

じゃあ聞いたろうじゃあねぇのと思って話してみると、伺ってきた怪しいお兄さんは三菱(電気?)の下請けらしい。

"電力自由化"によって国に認可された会社なら民間でも電力の会計ができるよ!   ぼくらに会社を変えたら年4000円くらい安く

もっとみる

電力自由化の仕組みを理解しよう!こんな会社はNG

飲食店経営と2束のわらじコンサルタント、篠崎です

今回は電力自由化の仕組みをわかりやすく説明している動画のご紹介と、騙されないために参考になりそうな動画をご紹介します

電力自由化の仕組み

自由化のポイント

こんな業者はNG

以上参考になりましたでしょうか?

電力の自由化についてご理解が深まり、店舗運営のお役に立てば幸いです。

USENは登録小売電気事業者として

新電力”USENでん

もっとみる

飲食店や美容室などで、今だに電力会社を変えていないところがとても多い件

飲食店経営と2束のわらじを履いたコンサルタント:篠崎です。

商工会議所の専門相談員として現在USEN放送さんとパートナーシップを組み、店舗に有効な様々なサービスをご提案し、コンサルティング支援させていただいております。

そのサービスの1つにいわゆる新電力”USENでんき”サービスがあります。

電力の自由化は2016年に始まりました。

様々な企業が小売参入することで、価格が安くなったり、ポ

もっとみる

【22世紀はこんなサービスが実現?】電力自由化から生まれる新たなサービス

こんにちは!
李佑記(イ・ウギ)です☆

そろそろ夏も本格化してクーラーとか扇風機を使う機会が増えてくると思います。それらを動かしているエネルギーは何でしょうか。

そう!電気です!

電力自由化してから今では数百社が電力小売事業に参入してきました!その結果、お客様に満足してもらうために様々なサービスを展開しています。

​そこで、こんなサービスあったらいいな、想像してみました。

実現可能かは一

もっとみる
12

地域の活力維持に「地域電力」というアプローチ【地域の未来】

【どんな記事?】
人口減少や少子高齢化による地域コミュニティの弱体化が叫ばれて久しい。地域社会の「担い手不足」をどう解消し、地域をどう維持していくか。多くの地域が直面している課題ではないだろうか。人口減少が深刻な問題となる中で、この課題に対し「地域電力」という民間の力を活用した仕組みでアプローチする試みが、岐阜県美濃加茂市で始まる。「民間事業の力で地域を維持する」この試みは、今後の地域のモデルケー

もっとみる
次の記事もご期待ください^ ^
24

再生可能エネルギー事業で「日本再生」を目指す革命家 株式会社Looop代表取締役社長 中村創一郎さん

エネルギーをフリーにすることで人類の未来の可能性を切り拓くべく、自然エネルギーの開発普及に尽力する中村創一郎さんにお話をお伺いしました。

中村 創一郎さんのプロフィール
出身地:京都府
経歴:1978年生まれ。北京語言文化大学(現 北京語言大学)在学中にネットビジネスを始め、中国製品を日本で販売。日系企業と中国企業との橋渡しを行うコンサルティング業務、レアメタルの調達と販売業務を経て、東日本大震

もっとみる
アクション嬉しいです!
118

【初の一人暮らし】と電力自由化

春から就職の都合で初めての一人暮らしをします!
自動車のエンジニアとして働く予定ですが仕事内容はまだ未定,これから研修が始まります.

今までは実家に住んでいたので,公共料金なんて気にかけなっかのですが,

電気は電力自由化によって自分で会社を選択しなければなりません.
(ガスはアパートのため,指定の会社がありました.)

不動産会社と提携しているのか,ライフサポート的な会社から「ひまわり電気」が

もっとみる

10連休に電気が余るって本当?への妙案

NHKの見出しが躍ります。「10連休に電気が余るって本当?」

ならば、電力会社「電気は買わないよ」の代わりに「売ります売ります転売します」にすればすべて解決します。

「10日間は電気80%引きだよー!安いよ、安いよ!」

そうすれば安い電気を求めて、連休中に操業する会社が出てくるでしょう。

えっ?それって逆じゃないの? ふふふ、頭が毒されていますね、あなた。

なぜ電気を買わないになるのか

もっとみる
三河屋幾朗が「スキ!」なんて、なんとも奇特な方!愛してます。
10

道半ば。ではゴールはどこか。

311の日経朝刊に出た「エネルギー改革 道半ば」の記事。おおむね事実関係が正しくまとめられた記事だと思います。原子力を停止させ、火力発電依存が高まったことで燃料コスト増(→電気料金上昇)、CO2増加の問題が生じていること。再エネのコストが諸外国と比べて2倍程度に高止まりしており、国民負担が2018年度単年で2.4兆円にものぼっていること、原子力は再稼働が進まず、新増設は議論すらされていないので技術

もっとみる
ありがとうございます。フォローしていただけたらもっと嬉しいです。
18

電力自由化と地方創生

ある知人から「温暖化をどうにかしたいと思うなら、この映画を観るべき」と薦められたので、見てきました。ドキュメンタリー映画「おだやかな革命」という映画です。

一言で言うなら「地域創生とエネルギーの話」。

①福島県で原発事故後に立ち上がったご当地電力会社(会津電力、飯舘電力)
②群馬県郡上市石徹白の小水力発電
③秋田県にかほ市の市民風車
④岡山県西粟倉村の「森の学校」木材を使って発電を行う、など

もっとみる