31分の25

詩 ・ なけなしの全能感を小出しにして

なけなしの全能感を小出しにして
空に歌ってる
音符は毛ばだって
くすくす笑うLR

なけなしの粘土を勇気にして
連絡橋に立っている
ボロが出ないようにって
背すじを接木して

谷はさかさの山頂だって
はげましてくれたひとの声も忘れて

なけなしの全能感で
小商い
ひどいゆめだったねって
あの声がいってくれないかなって
拾いあげて
泥を払って
なけなしの
つめの半月くらいの
くるぶしソックスくらい

もっとみる