31分の29

詩 ・ あの感じ

ろうそくが
感情のないひと吹きに
またたくときの
あの感じ
ふろあがりの幹に
水滴がしなだれかかるときの
あの感じ
大好きな音楽が
あぶらとりがみ
みたいにはりつく
あの感じ
海に直接降る雨が
ほんのひとにぎりの夢さえ
台なしにしてしまうときの
あの感じ

たったひとつの物音が
神経をよごして
舞い散る
あの感じ

どっちを向いても
思い出しかなかった
閉じこめられて 叫びが
どこにも
とどかな

もっとみる