JICAボランティア

たまにやってしまう、本の一気買い

任地358日目。

もうほとんど冬は終わったと思っていたのに、今日は寒さがぶり返してめちゃくちゃ寒くてビビった遠藤です。

さて、協力隊として海外で活動していく中で『電子書籍』の恩恵を最大限に受けています。
海外にいても日本の本が読めるなんて、本当にありがたすぎる。

毎日寝る前の30分間は必ず本を読むようにしています。

しかしぼくが愛用している電子書籍サービス『Kindle』は、『ワンクリック

もっとみる

エマ・マリス先生【JOCV Day36】

エマ・マリスという米国のサイエンスライターがいる。主に自然環境に関する記事が専門で、NatureやNational Geographicに多くの記事を投稿している。

2011年に執筆された著書 "Rambunctious Garden: Saving Nature in a Post-Wild World" では、人新世において私たち人間がどのように自然を守っていくべきか綴られている。2018年

もっとみる

久々のトレーニングでめちゃくちゃ疲れる

任地357日目。

朝に飲むコーヒーってなんでこんなにも美味しいのか理由が知りたい遠藤です。

さて、今年の3月くらいに現地の社会人チーム的なところに選手登録をし、大会に出場していました。
その大会は2ヶ月ほどで終わったんですが、今回また新たに別の大会が始まるとのこと。

ぼくが選手登録したそのチームが、また大会を戦うことになったんです。

ということでこのなまりきった自分の身体を今一度鍛え直すた

もっとみる

アラブ世界の地図は語る【JOCV Day35】

ヨルダン方言の訓練も来週で終わり、各派遣先での活動が始まる。ヨルダン方言の語彙も着々と増えつつある。

ヨルダンの地名や周辺国に関する語彙の習得するため、アラビア語で書かれた地図を眺めていた。

写真がその地図である。ヨルダンが黄色で塗られている。ちなみに「ヨルダン」と言っても全く通じず、カタカナで言うのであれば「アルウルドン」の方が近い。

周辺国の色の塗られ方に注目してほしい。中東の歴史に詳し

もっとみる

上位対決を制する

任地356日目。

海外にいながら日本の本をKindleで読むたびに、『電子書籍』というものを考えた人に対して最大限の感謝と尊敬の念を抱いている遠藤です。

さて、今日はぼくが担当しているU-17の試合がありました。
結果は1-0で勝利。
めちゃくちゃ嬉しいです。

今日対戦したチームは、前回は1-2で負けたチーム。
現時点で自分たちよりも上位にいるチームでした。

相手がいいチームなのは十分わか

もっとみる

週末を村で過ごしながら考えたこと

任地から約4時間離れた村で週末を過ごした。
幹線道路沿いの近隣の町から車で約1時間半、悪路を行った先にあるモザンビーク国境の村。
日本で文化人類学の研究をされている教授が約30年前からフィールドとしている村で、マラウイからザンビア東部に暮らしているチェワ族が暮らしている。

普段、私は町で暮らしている。町と言っても首都からはだいぶ離れているし、スーパーマーケットやファストフード店はないし、規模も小

もっとみる

ヨルダンは右側車線【JOCV Day34】

生活に慣れるとは恐ろしいものだ。もはや気にもかけていなかったが、ヨルダンの道路は右側車線である。右折は簡単だが、左折は難しい。そもそもアンマンは車が多く、日本に比べてアグレッシブな運転も多く、かつ信号が少ないので、運転しなくて済むのであればしない方が身のためである。幸いなことにJICAボランティアは運転禁止となっている。

ヨルダンには電車は無い。宗教や地形などの要因により自転車は殆ど見かけない。

もっとみる

いつ振りか知れない2連休

任地355日目。

JICAの概要をスペイン語に訳してみたところ、その作業がめちゃくちゃ大変で1時間半くらいかかった遠藤です。

さて、昨日に引き続き今日も休み。
ぼくの担当のカテゴリーの試合は明日なので、今日ものんびりと過ごしました。

本当は今日はU-15の試合があってそれを観に行こうかなと思っていたんですが、あんまり気分が乗らなかったのでやめておきました。
ということで今日も、家でブログを書

もっとみる

ヨルダンの住民と教育【JOCV Day33】

ヨルダンに2年間滞在することになるので、JICA経由で住民登録の手続きを行っていた。先日無事に登録が終わり、イカーマ(اقامة)と呼ばれる住民IDカードが発行された。

ヨルダン国内での身分証として絶大な力を発揮するほか、ヨルダン国内の遺跡や博物館を住民価格で利用できるようになる。先日訪ねたローマ劇場やアンマン城は観光料金で入場したため、イカーマを持って再度訪ねたいと思っている。

さてヨルダン

もっとみる

家でのんびり、カフェでのんびり

任地354日目。

ホームステイ先の家族に夕飯に誘われていったレストランの肉がちょっと赤かったものの、気合いで食べた後に食中毒の恐怖に襲われた結果、まだ食中毒の症状は出ていないのに薬を飲むという、食中毒に対して先手を打ってみた遠藤です。

さて、今日は祝日だったので活動は休み。
そんなわけで午前中は家でのんびりスペイン語の勉強をしたりブログを書いたり読書をしたり。

午後にはカフェへ行ってこれまた

もっとみる