訪日観光プラットフォーム「MATCHA」、クーポンページを新たにリリース

株式会社MATCHA(本社:東京都台東区、代表取締役社長:青木優)は、訪日外国人観光客に向けて「MATCHAクーポン」を新たにリリース致しました。2019年8月9日(金)の第一弾リリースを皮切りに、今後更なるサービス拡大を目指して参ります。

「MATCHAクーポン」の概要

MATCHAクーポンとは、訪日観光客に日本での旅をお得に楽しんで頂きたいとの思いから生まれたクーポンです。

今回リリース

もっとみる

株式会社MATCHAの媒体資料を公開します

今回は、わたしたちMATCHAの媒体資料をみなさまに向けて公開します。

MATCHAは訪日客向け観光メディアの運営を中心に、国内向けには自治体のみなさん、観光業に携わる民間の方々へインバウンド集客のお手伝いを行っています。

わたしたちがどのような思いで日々情報を発信し、現在どのような方々にコンテンツを楽しんでいただいているかも紹介させていただいています。

海外向けの情報発信にご興味をお持ちの

もっとみる

羽田空港増便で関東の自治体に勝機!? 週刊インバウンドニュースマガジン(8月2週号)

この記事は、株式会社MATCHAが毎週送付しているメールマガジン「週刊インバウンドニュースマガジン」の内容を転載したものです。メールマガジンの受信を希望される方は、こちらで登録を行ってください。その他のお問い合わせはこちらへ。

1.インバウンドメディア「MATCHAが」クーポン専用ページをリリース。“お得”さ以外の魅力を訴求

インバウンドメディア「MATCHA( matcha-jp.com/j

もっとみる

至福のかき氷〜抹茶みるく

https://www.instagram.com/p/B0sRL5ulhDE/?utm_source=ig_web_copy_link

いや〜これほんと、美味しい。もう、感動。

先日、取材記事を書かせてもらったASAKARA GOOD STOREさん、

このnote記事↓でも、その美味しさと質の高さを騒いでいたくらい大好きなお店。

ミシュランのビブグルマンとってもいいくらいのカフェ〜取材

もっとみる
ありがとうございます☆コメントやシェア、大歓迎です!(’ー’)/
4

ラグビーファンはお金持ち!? W杯で2020年を占おう 週刊インバウンドニュースマガジン(8月1週号)

この記事は、株式会社MATCHAが毎週送付しているメールマガジン「週刊インバウンドニュースマガジン」の内容を転載したものです。メールマガジンの受信を希望される方は、こちらで登録を行ってください。

1.不透明な東アジア情勢により、インバウンドにも暗雲

韓国を優遇対象国から除外へ、さらに関係悪化か(8/2 読売新聞)
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20190

もっとみる

オリンピック期間中、もしかしたら訪日客は減少するかも!? 週刊インバウンドニュースマガジン(7月4週号)

この記事は、株式会社MATCHAが毎週送付しているメールマガジン「週刊インバウンドニュースマガジン」の内容を転載したものです。メールマガジンの受信を希望される方は、こちらで登録を行ってください。

1.韓国・台湾の訪日減が消費にも影響!

関西の訪日客消費、変調 ドラッグストア17%減 (7/24 日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47689

もっとみる

2019年上半期、訪日客が増えた国減った国 週刊インバウンドニュースマガジン(7月3週号)

この記事は、株式会社MATCHAが毎週送付しているメールマガジン「週刊インバウンドニュースマガジン」の内容を転載したものです。メールマガジンの受信を希望される方は、こちらで登録を行ってください。

今週もインバウンド業界に関わるみなさんに、最新のインバウンド関連ニュースをお届けします。

1. 2019年上半期、2019年6月の訪日データが発表!

6月の訪日外国人旅行者、前年同月比6.5%増の2

もっとみる

茶道の歴史とこれから

「お茶」の歴史は、中国で紀元前2700年ごろ始まったとされています。
当初は漢方薬の一種として飲み始められたそうです。

歴史をさかのぼってみました。

805年(平安時代 延暦24年)
最澄、空海が唐から茶種を持ち帰り、比叡山のふもとに植えたことにより、日本に「お茶」は伝えられました。
当初は日本でもお茶は医薬品として扱われ、貴族や有力層のみが口にしていました。

1191年(鎌倉時代 建久2年

もっとみる

緑茶(Green Tea)と抹茶(Matcha)の違い

緑茶と抹茶って一緒だよね、何が違うのだろう?

とTHE MATCHA TOKYOにかかわり始めてから思った、最初の疑問。

いろいろ調べてみると、栽培と製茶方法が大きく違うことがわかりました。

日本式緑茶の製茶工程

生産(栽培、収穫) ⇒ 蒸熱 ⇒ 粗揉 ⇒ 揉捻 ⇒ 中揉 ⇒ 精捻 ⇒ 乾燥 ⇒ 篩分と切断⇒ 木茎分離(⇒ 抽出)

要は、収穫した茶葉を蒸して揉み潰し、茶葉の型を整えつつ乾

もっとみる

ソニーと抹茶(THE MATCHA TOKYO)の共通点

note 始めました。

これから抹茶など日本文化を中心に、思ったこと、感じたことなどを書いていけたらと思います。

まず、なぜこの2社で働くのか。

この2つの会社は、テクノロジーカンパニーとお茶で共通点がなさそうですが、
「日本文化を世界中に広めたい」という点で、わたしの想いは一致しています。

原体験として、学生時代のフランス留学中に、自分は「日本人なんだ」というのを何度も強く感じました。ど

もっとみる