2020年、東京に新たな玄関口が誕生! 週刊インバウンドニュースマガジン(8月3週号)

この記事は、株式会社MATCHAが毎週送付しているメールマガジン「週刊インバウンドニュースマガジン」の内容を転載したものであり、内容はメールマガジンが配信された時点のものです。メールマガジンの受信を希望される方は、こちらで登録を行ってください。その他のお問い合わせはこちらへ。

1.ラグビーW杯がいよいよ開催。オリンピックの違いとは?

ラグビーW杯開幕まで1カ月 首都圏自治体、準備大詰め (8/

もっとみる

大手小売の免税売上まとめてみた インバウンド需要は如何ほどか?

初noteです。昼間は、訪日外国人向けのマーケティング事業やってます。仕事柄、インバウンドについて色々調べる機会が多いのと、元々経営企画にいたので、決算資料を読むのが好きなのもあり、書いてみます。

1.そもそもインバウンドの消費市場規模ってどれくらいなの?

A.  2018年で4兆5,189億円です。これには、宿泊費や飲食費、交通費などすべて含まれています。その内、買い物代は、1兆5,763億

もっとみる

訪日外国人向け飲食店紹介サービス「日本美食」の日本美食株式会社が、資金調達(資本業務提携)を実施

資金調達情報
調達額:-

ラウンド:-

募集方式:-(資本業務提携)

調達先:株式会社JTB(本社:東京都品川区、代表取締役:髙橋広行)

調達年月:2019年9月

企業情報
企業名:日本美食株式会社

住所:東京都千代田区霞が関3−3−2 新霞ヶ関ビルディング 1801C号室

事業内容:全世界85カ国以上の観光客が利用する、初期費用・月額費用0円、専用機材不要。 決済手数料は業界最安水

もっとみる

インバウンド向け京都観光地映像化プロジェクト:ターゲット国を拡げるための検証

どうも、やんじぇです。

台湾人と国際結婚して以来、台湾にターゲットを絞った独自のインバウンドマーケティングを展開してきました。

観光地の4K映像+台湾人嫁をリポーターとして台湾人目線のリポートを台湾語で収録配信。
お陰様で台湾の皆様にはご好評いただいておりYouTubeチャンネル登録者も8000人を超えています。

ビジネス的には台湾をターゲットに絞ってやっていく方針は正解だと思いますが、では

もっとみる

中国人観光客が多すぎる😩

今日の午前中は東山ツアー。知恩院、円山公園、ねねの道のあたり、ざっと1,000人くらいとすれ違って93%くらいが中国人観光客。多すぎです。

右を見ても左を見ても中国人観光客。角を曲がっても違うグループの中国人観光客があふれでてくる。各所でゲストに説明をするのだけど、声がかき消されるほどの大声の会話。神社仏閣、人が住んでいるエリアですからね💢

私は今日フランスからのゲストを案内していたのだけど

もっとみる

英語を話せたら何がしたい?ーボーダーレスクッキングを始めようと思ったわけー

自分の活動に常に熱い想いのある私だけど、
ボーダーレスクッキングを立ちあげたのにも私の個人的な体験に基づく熱い想いがある。

英語がしゃべれるようになりたくて、悪戦苦闘してきた10代。
大学の授業を英語で受けたり、英会話スクールに行ったり色んな勉強法をしてみた。

(経済の講義を英語で履修した時は、ほとんど内容が理解できず後悔した。つまりそんな愚策を取るほどあれこれ英語の勉強を試していた)

私に

もっとみる

ハラルメディア立ち上げの裏側を記録していくことにしました

9月末のリリースに向けて、実はいま水面下でWEBメディアの立ち上げを進めています。お客様のメディアではなく、自社で運営するメディアです(自社と言っても、奥さんと自分とインドネシア人数名の小さな会社ですが)。

このWEBメディアについて、立ち上げ過程はもちろん、リリース後もメディアを伸ばしていくための試行錯誤をnoteに記録していこうと思いました。

noteに記録していこうと考えた背景

6月か

もっとみる

餅屋は餅屋、情報発信はインフルエンサーに任せる

餅屋は餅屋、情報発信は情報発信者に任せるって話をしたいと思います。Tokyo Creative の中川(T_man0409)です。よくクライアントから情報発信のディレクションについて質問をいただきます。例えば、初めてのYouTuberの施策なので絵コンテを書いて欲しいであったり、赤ペンを握りしめてお待ちいただいているようなテンションの方もいらっしゃったりします。そういった方には、餅屋は餅屋というお

もっとみる

インバウンド市場は今後どうなるのか

こんにちは、インバウンドプロモーション事業をやっています。Tokyo Creativeの中川(@T_man0409)です。よく今後のインバウンド市場はどうなるんでしょう?伸び続けるんですかね?オリンピックが終わったらもうダメなんじゃないか?みたいな質問をいただきます。今日はインバウンドの今後の市場についてお話したいと思います。

そもそもインバウンドとは?

インバウンドと言うとよく、訪日外国人客

もっとみる

訪日観光プラットフォーム「MATCHA」、クーポンページを新たにリリース

株式会社MATCHA(本社:東京都台東区、代表取締役社長:青木優)は、訪日外国人観光客に向けて「MATCHAクーポン」を新たにリリース致しました。2019年8月9日(金)の第一弾リリースを皮切りに、今後更なるサービス拡大を目指して参ります。

「MATCHAクーポン」の概要

MATCHAクーポンとは、訪日観光客に日本での旅をお得に楽しんで頂きたいとの思いから生まれたクーポンです。

今回リリース

もっとみる