inclusivedesign

Design in Tech Report 2019所感

今年もSXSWでDesign in Tech Reportが発表された。

原文はこちら。

全体的な感想

・創造性による民主化が、いよいよ本当に誰でも、誰かのために作れる、時代に突入する一歩手前まで来ている。その中で、経済合理性だけでは見えない、誰かの存在を意識してシステムを、体験を設計することが、作り手側に求められる

・その途上で、デザイナーは、いよいよ、社会との対峙を求められる。その目前

もっとみる

ダイバーシティな組織を作る上で考えるべき「体感時間」の違い

Collableの山田小百合です。今年は1年間「19日はインクルーシブデザインの日」という、19とインクルーシブを(むりやり)かけて、インクルーシブデザインの活動を継続的に実施するという取り組みを行っています。今回も11月のワークショップでのエピソードをご紹介したいと思います。

ここ数ヶ月のテーマは「障害者雇用+インクルーシブデザイン」

障害者雇用の実態はいろんな説やご意見がありますが、例えば

もっとみる

インクルーシブデザインでオフィス空間を考える

すっかり更新が怠っていましたが(すみません)、9月のインクルーシブデザインの日!のご報告をさせていただきます。

19日の19時から始まるインクルーシブデザイン。この日のテーマはオフィス。オフィスをレゴで仮説的に考えるというのが今回のゴールであります。

ちなみに、この時間に毎回協力してくれる、Collable元インターンで、現在一般企業にて働く、弱視のばんちゃんから、「ばんちゃんによるBAD D

もっとみる

10月前半:障害のある人と、学校で何を学ぶか。

こんにちは、山田小百合です。10月はほとんどオフィスにいませんでした。私たちは特段、講演実施の営業・PRは行わないです。(講演に行っても今行けるのは私だけだけど)

ですが、10月は大学講演が続き、10月後半も別の所に出向きますので、講演ラッシュです。

おおよそ話すことといえば事業のことが多いのですが、結局「障害理解から相互理解へ」というシフトのあり方を、誰かに言ってほしいというお役目を担ってい

もっとみる

9月後半:半期一段落しました。

(noteアカウントを持っていなくてもスキ♡が押せるので、よかったらスキを押して応援お願いします!)

こんにちは、山田小百合です。Collableもおかげさまで9月で2018年度の半期が終わりました。これまでご支援くださっていますみなさま本当にありがとうございます。6月の周年祭を終えて、インクルーシブデザインが生み出す「誰かとの違いはネガティブなだけでなく、新しい価値を見出すポジティブなメッセー

もっとみる

【CIID summer school】難民のInclusive Designを考える

デンマークのデザインスクールCIIDにてDesign for Inclusionのコースを受けたレポート第三弾です。今回はグループワークの内容についてです。

グループワークの内容

お題は"How might we make the experience of living in Copenhagen feel more inclusive to refugees?"(どうすれば私達は難民がイン

もっとみる

9月前半:コミュニティがしたたかな形になるために

Collableは昨年度からピノキオプロジェクトに関わるようになってから、9月以降は打ち合わせ、制作、打ち合わせ、制作、広報…と動いておりまして、基本的に大きな動きがある感じでもなく…報告がとっても難しい…

去年もこのあたりから悩み始めた記憶があるのですが、コミュニティで動くプロジェクトに対し、どこまで組織化するといいのか、という悩みが少しばかりありまして。どうやって活動していくのがいいのかなあ

もっとみる

8月後半:その魅力や価値をどのような形でつたえるのか

お盆明けはゆったりしていて、特筆するようなイベントごとがあまりなかったのですが、大事な企画がちらほらあったのでご紹介です。

◎8月19日(月)
久しぶりの「19日はインクルーシブデザインの日!」の日曜日開催!ということで、マルマンさんショールームをまたお借りして実施しました。

詳細は下記からどうぞ!

◎8月22日(水)
この日は午後から夜までずっとピノキオプロジェクト。

ピノキオプロジェク

もっとみる

活動報告:インクルーシブデザインで紙文具のアップデートを考える

19日はインクルーシブデザインの日!
8月は週末ということで特別企画で実施しました。

先日もお世話になった、株式会社マルマンの会場で。
今回のテーマは「紙文具」のインクルーシブデザインです。

19日にとにかく毎月開催しながら、継続的な活動に取り組むことを意識してきたのですが、どうしても平日開催が多くなりがちでした。
8月は念願の週末! ということで、時間もいつもよりしっかりとりながら活動できま

もっとみる

【CIID summer school】 Inclusive Designとは?

前回の記事から少し時間が空いてしまいましたが、デンマークのデザインスクールCIIDにてDesign for Inclusionのコースを受けたレポート第二弾です。5日間のコースは以下のような流れでした。こちらの記事で共有するのはDay1の概論部分です。

Day1:  Inclusive Design概論
Day2: ミニワークとリサーチ計画
Day3: リサーチの実行とブレインストーミング
Da

もっとみる