smart

【出口治明】 「プラトン」と「アリストテレス」はなぜ対立したのか? ダイヤモンド・オンライン-8 時間前

【出口治明】 「プラトン」と「アリストテレス」はなぜ対立したのか?
ダイヤモンド・オンライン-8 時間前

世界1200都市を訪れ、1万冊超を読破した“現代の知の巨人”、稀代の読書家として知られる出口治明APU(立命館アジア太平洋大学)学長。歴史への造詣が深いことから、京都大学の「国際人のグローバル・リテラシー」特別講義では世界史の ..

世界1200都市を訪れ、1万冊超を読破した“現代の知の巨

もっとみる

月は神ではなく岩である。そう主張して追放された古代ギリシャの哲学者

月は神ではなく岩である。そう主張して追放された古代ギリシャの哲学者
2019/09/25 20:30カラパイア30
アナクサゴラス
ペリクレス
哲学者
アテネ
プラトン
イオニア
チャールズ・ダーウィン
北極点
ガリレオ・ガリレイ
グレアム
Public domain
用語リンク(β)大百科用語リンク
angel-2883188_640_e

Enrique Meseguer / Pixabay

もっとみる

2000年間も数学者を苦しめた「3つの難題」挑戦してみませんか? 現代ビジネス-14 時間前

2000年間も数学者を苦しめた「3つの難題」挑戦してみませんか?
現代ビジネス-14 時間前

中学、高校と数学の教科書に、少しだけ数学史が載っていたのを覚えていますか? 多くの教科書では、各単元の扉ページに1ページではあるものの、ニュートンやオイラーなどの数学者の名前が載っており、簡潔に彼らの実績について触れています。 とはいえ、 ..

2000年間も数学者を苦しめた「3つの難題」挑戦してみま

もっとみる

【宗教リテラシー向上委員会】 科学技術の進歩と宗教の未来 川島堅二 2019年10月11日

【宗教リテラシー向上委員会】 科学技術の進歩と宗教の未来 川島堅二 2019年10月11日

毎年参加している日本宗教学会の公開シンポジウムで、昨年に引き続き理系の研究者をメインゲストに迎えたのが印象的だった。昨年はゴリラの生態研究で著名な生物学者だったが、今年はロボット研究の第一人者である石黒浩氏(大阪大学基礎工学研究科教授)を迎えた。

 「宗教と科学」というテーマは、宗教学でも古典的といって

もっとみる

現代科学技術の粋の 1 つのはずである Excel ですら、「はさみうちの原理」が理解できなくて、1 となるべきところでゼロ除算エラーを返してくるのだから、ある意味、コンピューターすらない時代に無限も収束も極限も完璧に理解して、はさみうちの原理を発明した人間って、ある意味すごいと思うのだ…。

現代科学技術の粋の 1 つのはずである Excel ですら、「はさみうちの原理」が理解できなくて、1 となるべきところでゼロ除算エラーを返してくるのだから、ある意味、コンピューターすらない時代に無限も収束も極限も完璧に理解して、はさみうちの原理を発明した人間って、ある意味すごいと思うのだ…。 https://twitter.com/jsbuffer

計算機は人工知能を備えていて、私たちのゼロ除算

もっとみる

数学の世界をきりひらいた発想にふれる 数学のせかい 数学者編

数学の世界をきりひらいた発想にふれる
数学のせかい 数学者編

 2019年8月刊行の「Newtonライト」は,『数学のせかい 数学者編』です。

 数学が発展してきた道筋を振り返ると,そこには数多くの数学者たちの苦闘があったことがわかります。天才たちは何を発見し,そしてどのような人生を歩んだのか,その足跡をたどると,数学がもっと身近に感じられるのではないでしょうか。

2019年8月刊行の「Ne

もっとみる