そこは間違いなく、スタジアムだった。【#筑波大学蹴球部 天皇杯茨城県予選ホーム開催】


目の前の景色に感動した。

その衝動だけでこれを書き始めている。


2019年4月17日(水)、18:00キックオフ。

会場、筑波大学第1サッカー場。


昨年と同じく筑波大学第1サッカー場で行われたこの試合は、天皇杯本戦への出場権をかけた、茨城県予選の初戦。

後半アディショナルタイムに勝ち越しゴールを奪う劇的な展開で、このホーム戦を勝利で飾った。


・・・

会場の景色が最高だった。

老若男女でスタンドが埋め尽くされる。

応援する部員と一緒になって声を出し飛び跳ねてくれる人たち、

スタンドのベンチよりさらに1列前の段差で前のめりになっている子ども達、

なんとなく見に来た、でもどんどん会場の雰囲気に引き込まれていく学生、

日頃から学生を応援してくれいてる少年団の保護者の方、地域の方。


観衆は約800人。

チャンスに歓声が沸く、ピンチに悲鳴が上がる、すばらしい守備に拍手が起こる、肩を組んで飛び跳ねる。


最高だ。



来場してくれた方々に楽しんでもらうため、みんなで様々なトライをした。


・クールなプロモーションムービーのSNS露出

・新たに制作したロゴをあしらったグッズ販売

・スタジアムDJ

・学内団体によるハーフタイムショー

・レベルアップしたマッチデープログラム(部員が制作)

・ラジオアプリを使ったリアルタイム実況

・来場者プレゼント抽選会

(・試合終了直後の生放送番組の配信)


ひとつも外部委託はない。自分たちの手足を動かしてこれらを実行する後輩たちに感嘆する。


知恵を絞りだしてやっているわけではないと思う。

「やりたい」と思ったことにトライできる雰囲気と、それを実行に移せるリソースやスキルを積み上げてきた。

何より様々な「やりたい」が生まれる多様性が、筑波の武器だとも思う。


・・・


部員全員で、そして来場者を「巻き込んで」作り出した最高の雰囲気。

興奮と、試合の行方を案じる緊張感の中、その瞬間は訪れる。

※音量MAXでぜひ。



1年と少し前ドイツに行った時に、当時向こうで暮らしていた後輩にこんな話を聞いた。


「この国、サッカー場がめちゃくちゃ多いんです。

それで、どんなに小さいサッカーグラウンドでも名前に"Stadion"(シュタディオン=スタジアム)ってついてるんです。


あの劇的なゴールの瞬間を筆頭に、あの空間は間違いなくスタジアムだった。

興奮があった。高揚感があった。

感情の爆発があって、歓喜と落胆があった。



JリーグやJFLと違って、大学サッカーでは大規模なホーム開催の機会は少ない。


ともに勝利を喜んだ人々は、「また観に来たい」と思ってくれただろうか。


どちらにせよ、少なくとも僕らは

「またやりたい」、「またこの景色を見たい」と思っている。


僕らのホームグラウンドをまた、スタジアムにしよう。

【次戦】
2019年4月21日(日) 14:00
天皇杯 JFA 第99回 全日本サッカー選手権大会 茨城県代表決定戦 準決勝
筑波大学蹴球部 vs 流通経済大学
会場:ケーズデンキスタジアム水戸


・・・

(後記)

ホーム開催の時って、試合観るのに集中できないんですよね(笑)

お客さんの動線とか、会場の雰囲気とか、どんな人が試合に見に来てくれているのかとか、見に来てくれた知り合いに挨拶するとか、運営メンバーの頑張りを見てるとか。

ホーム戦の時は終わってから「自分は本当にサッカー指導者なのか?」と自問自答してしまいます。(笑)


↓もしサポートしていただけたら、それを使って頑張った後輩に飯でも奢ってきますね!!笑

↓↓↓







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

どうやら本を買って勉強するのにも、フットワーク軽くどこかへ出かけて勉強するにも、後輩にご飯奢るにも何かとお金がかかるようです。サポートをいただくと嬉しくなってもっと書きます!でもそれより記事をシェアされるともっと嬉しいです!なんと無料です!

僕も!
12

板谷隼(Hayabusa_Itaya)

94年生まれ 体育系大学院生/サッカー指導者 奈良県→茨城県つくば市 8歳からボールを蹴り始め,現在は指導者に。【スポーツ×地域コミュニティ・まちづくり】に興味が出始める今日この頃。 サッカーの普及団体を運営中(https://tsukubarenmei-soccer.com

はやぶさのイベントレポート

アウトプットを前提に据えることでインプットの質が上がるという話。できるだけ、頑張って、早めに、参加したイベントについては記事を書こうと思います!
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。