大学スポーツ

11. アメリカの高校スポーツ事情

皆さんこんにちは!
先日私の知り合いのサッカー関係者の方からいくつか質問を頂いたので、今日はその質問の答えについて書いていこうと思います。

今日話していく内容…
①チームメイトはユースやJr.ユース時代はどんな環境でサッカーをしていたのか?
②サッカー以外のスポーツもやっていたのか?
③日本のように地域のクラブチームや下部組織があるのか?

①ユースやJr.ユース時代はどんな環境でサッカーを

もっとみる

U16代表の練習に行ってきました

代表クラスになると

練習の内容、密度が

急激に変わります。

まるで、

一度トライアルに呼ばれると、

病みつきになるほどです。

これも、

選手の主体性を重んじる国

ニュージーランドならではの

「選手が自ら頑張れるよう」

に仕向ける手段なのかもしれません。

今日は、

練習の組み立てについて話をします。

ニュージーランドのコーチたちは、

本当に選手の

「やりたい」

を引き

もっとみる

早慶クラシコ2019を終えて

早慶クラシコ2019オフィシャルプログラムの部員紹介ページ内の他己紹介欄で、某部員からこのように書かれました。

また最近ではnoteをよく更新している。試合中にスタンドを駆け回る姿は勿論、早慶戦の翌日に更新されるnoteにも注目してほしい!

なので書きます(笑)
早慶クラシコ翌日じゃないけど。

2019年7月12日(金)、等々力競技場。
朝から降り続いていた雨も試合前には止み、天は我々に味方

もっとみる

10. 爆発から1週間。

皆さんこんにちは。
今日は先週起きた爆発事故後のことについて皆さんにお話ししようと思います。

先週起きた寮の爆発事故から1週間が経ちました。授業も練習も再開し、少しずつ日常生活に戻りつつもまだ私物の状況はわからずじまいで不便な生活は続いておりますがこの1週間、沢山の方々からの温かい支援、励ましのお言葉、的確なアドバイスをいただき私なりに色々と考えさせられた今回の出来事でした。

母からはすぐにこ

もっとみる

9. 寮が爆発 -助けて下さい-

皆さんこんにちは!
今日は昨日私が住んでいる寮で起こった出来事についてお話ししたいと思います。

私のインスタやツイッターを見てくれた方はすでに知っていると思います。また、日本のニュースにもなっていたらしいので知っている方は多いのではないかと思います。

昨日7月5日金曜日午後1時頃私が住んでいる寮が爆発しました。←(CNNニュースで取り上げられた映像のリンクです)
原因はまだ正式には発表されてい

もっとみる

NCAA「大学を支える寄付の文化」

アメリカにおいて寄付は社会への貢献、人助け、聖書にある規律としてアメリカ社会で重要な意味を持ちます。ビルゲイツも多額の寄付を行うことで知られていますが日本との「税制」の違いもありアメリカでは寄付金は税金の控除項目として追加できますから税金対策の一面もあります。

今回なぜ「寄付」に注目したかというとNCAAに加盟する大学スポーツ局の売上のうち約半分近くをこの寄付金が占めるからです。
少し古いデータ

もっとみる

僕の全て

お久しぶりです!
前回の投稿から時間が空いてしまいました、、、
今回は、
・僕のバックグラウンド
・今、熱を入れて取り組んでいる早慶クラシコ(サッカー早慶戦)
この2つについて書こうと思います。
拙い文章ですが、最後までご一読して下さると幸いです!

・僕のバックグラウンド

僕は中高一貫校に通っています。
中学在学時はサッカー部に所属していました。
サッカー部引退を機に3歳からやってきたサッカー

もっとみる

8. 新しいことに挑戦

皆さんこんにちは!お久しぶりです!
前回の更新からかなり期間があいてしまいました。今後も自分のペースで続けていこうと思いますのでよろしくお願いします。

まずは、前回の記事の初めにスプリングシーズンの話をしたと思います。まず初めにそのスプリングシーズンの結果を報告します!結果は、4勝1敗でした。チーム目標であった「5試合全勝」という目標には届きませんでしたが、この5試合を通しチーム・個人としての課

もっとみる

最近いろいろ思うこと

久しぶりの更新です。
長らく更新が滞っておりました。

その原因にはいくつかあります。

ひとつは、単純に忙しい。
書いている暇がない。。

もうひとつは、書くネタがなくなってしまった。
これは結構大きな、深刻な問題です。

これまで、このnoteでは自分自身が感じた大学スポーツの課題について発信することが多かったのですが、最近は大学スポーツの課題について新たに何か思うことがなくなってしまった。

もっとみる

諦めた過去がある自分が今思うこと

このツイートをみて
多分この人はまだ「夢を諦めた自分」に整理がついていないんだろうなと思った。

偶然にも境遇が似ていた。
というか、私もかつてはバレリーナになることが夢だった。

今思えば「井の中の蛙」だったが、
長野の田舎の教室では上手な方だった。

それに、何より
バレエが好きだった。

5歳で出会ってしまったバレエに魅了され、
幼き頃誰しもが持つ
「アイドルになりたい」
「お花屋さんになり

もっとみる