サッカーとサイコエデュケーション

久しぶりの投稿です。

大学は無事二年生が終了し来年が最後の年になります。

慣れ親しんだサウサンプトンもあと一年だと思うと寂しい気持ちになったりもしません。

ただ夏のサウサンプトン、というかイギリスはもはや肌寒いくらいなので暑すぎる日本の状況をみてイギリスいいとこあるじゃんと思ったりもしてます。

今回はサイコエデュケーションについて書いていこうと思います。

もともとこの言葉はHealth

もっとみる

決断力を発揮できる背景

私は現在、ドイツ5部リーグのSportfreunde Baumbergのトップチームでコーチをしていますが、試合分析も任されています。

対戦相手の試合分析を行っていると、そこに各クラブの監督の決断を色濃く感じます。

例えば、前節の試合で結果は出なかったが悪い内容ではなかったので今節も同様の戦術、システムで臨む。または、前節まで連敗していることで思い切ってこれまでの戦い方、システムを変え、限られ

もっとみる

ポゼッション形式トレーニング【サポート】

トレーニングの概要

4人組3チームによるボールポゼッション。攻撃側の2チームはフリーマンを利用しながらボール保持、守備チームはボールを奪取しカウンター攻撃を狙う。

もっとみる

おススメです。USカレッジモノ。

強烈な日差しがまだまだ続きそうな今日この頃。今回紹介したいのはU.Sカレッジモノのキャップです。

↑ほーら、絵ヅラだけで、なんか楽しそうでしょ!

ボクは野球ファンなんで、帽子の中でもキャップが好き。でもね、

なかなか出会えないんです。カッコいいキャップに。

ボクの場合はまず、結構いい歳ですから、ツバを真一文字にしてナナメにかぶるラッパー系のはご勘弁。

でも、ロゴや色、シルエットにはこだ

もっとみる

寄稿♯9:「結果」と「一体感」で大学日本一へ~神戸大学フットサル部のフィロソフィー~

このサイトを運営している「ひで」です。今回は9回目の寄稿になります。

いよいよ大学日本一を決める「第15回全日本大学フットサル大会」が8月23~25日に、大阪府の岸和田市総合体育館で開催されます。

関西代表として3年ぶりに出場する神戸大学(神大)。フットサルの実力に加え、広報活動にも熱心で、noteを開設してから注目してきました。

神大が所属する関西リーグ2部やインカレ関西大会の試合を観戦す

もっとみる

東欧のサッカー文化から日本の指導を考えて欲しい。

サッカーといえばあなたはどこの国を思い浮かべますか?

スペインやドイツ、イングランドやベルギーあたりでしょうか。
あるいはブラジルやアルゼンチンかも。

そう、現代の人の多くがサッカーは西欧か南米を思い浮かべます。

じゃあ、それ以外の国ってサッカー文化がないんですかね?
そんなことはもちろん無いはず。
スペイン・ドイツ・フランス・イタリア・イングランド。
これら5大リーグを持つ国々に隠れた文化

もっとみる

待ち望んでいた。プレミアリーグ開幕を振り返る。小ネタとスタッツ中心。

約3ヶ月。プレミアリーグサポーターの皆さん。試合が待ち遠しかったですよね。移籍の噂を聞いたら、来るかもわからない選手で盛り上がり、実際にきたら今年はイケる!と思い、ウキウキする。オフシーズンも充分楽しいですが、やはり試合が見たい。となると、開幕戦はどのチームにとっても大切であり、勝ちが欲しい。そんなウキウキ期待の開幕戦を振り返ります。

  

ここからはスタッツで振り返ります。

今節からは2人

もっとみる

長年の推しと担当クラブのエースが同じ日に青から赤へと電撃移籍した話

今年も待望のプレミアリーグ開幕でした。しかーし!
直前の8月7日になって、え?っていう。

…びっくりしたわー。

いまチェルシーは大変な時期なのに、この状況でアンタって人は…と愕然とすること暫し。いやあの、あたしこないだのRakuten Cup、埼スタのバルサ戦行ったんですけど。しかも分不相応な7万円のチケット買ってバクスタ最前列でフル装備でブルーズ応援したんですけど!

新ユニだって買ったのに

もっとみる

制約つき試合形式トレーニング【前進】

トレーニングの概要

3つのゾーンに区切られた状態で行われる、制約つき試合形式トレーニング。グリッド内に5対5、また前線のミニゴール間に2人ずつ選手が配置されている。

戦術アクション「深さ」と「3人目」を活用した前進を目指す。

もっとみる