スクリーンショット_2019-06-23_16

バズってはいけない。「全社員広報時代」にnoteを始める方への作成術


先日ある奇跡が起きました。


※本文開始までしばしかかるので興味ない方はすっ飛ばして下さい。

人生のうちに「奇跡」と呼べるものがどれほど人間に与えられているのかは定かではありません。

ですが、です。
奇跡が起きたんです。

串カツ田中でCEO大上氏がチンチロチャレンジでゾロ目を出しました。

これを奇跡と呼ぶかはあなた次第です。

ですが、奇跡は起きたんです。

BizHintさんの週間人気記事ランキングで3位に入りました。
バズりました。


こんにちは。
自己紹介が遅れました。

わたくし「佐藤勇斗」と申します。
気軽に「さとはや」と読んで頂ければ幸いです。


現在、HeaR株式会社で採用ピッチ資料作成を軸に採用マーケティング支援同領域サービス開発をしています。

どんなことしてる会社なの?って思われた方はこちらをご覧ください。


前置きが大変長くなり申し訳ございません。

昨今、採用マーケティングというワードが飛び交うようになりました。

採用戦国時代といっても過言ではありません。各社が凌ぎを削り、求職者をいかに囲い込むかがヒートアップしています。

今や天下のメルカリ社全社員採用コミットしています。


手始めにできることは何か?



そう考えた時にハードルが低いのって『note』で自社のことを自分の言葉で発信することだと思ってます。


ただ、そこには大きな2つの障害があります。

1.何書けばいいんだ問題

2.どう書けばいいんだ問題

このnoteでは上記に対応した作成術オープンに公開したいと思います。


0.はじめに


タイトルにある通り、noteでバズってはいけません。

言い方を変えるとバズる為の記事を書かないということです。
ただ、そこには「戦略」がないといけません。

バズる為に記事を書こうなんて初めての人には荷が重いです。何しろ続かないと思います。そして無理があります。

気持ちとしては

これに尽きます。

しかし、始めるからには何らかの爪痕を残し自分の気持ちを高める必要もあると思います。

それの手助けができれば幸いです。

私自身、採用マーケティングをしている身として企業様のコンテンツ記事立案から作成まで経験しています。

その経験を出し惜しみすることなくお伝えできればと思います。

この手順通りにいけば勝手に記事ができていきますよ。


1.誰に対しての記事?


いざ、記事を書こうとする時に何から始めればいいのか。

簡単です。

ペンを用意して下さい。
※私はアナログな人間のため・・・

a.なぜ記事を書くのか

b.今の自分が提供できる情報は何か

c.誰に対して記事を届けたいか(ペルソナ)

この情報を箇条書きでいいので出し惜しみなく書いていって下さい。
この作業でほぼ内容が決まります。

具体的に下記記事の作成時の例を挙げながら説明していきます。


a.なぜ記事を書くのか

・自社の認知拡大
・自社サービスを知ってほしい
・採用マーケ会社としての「私」を多くの人に知ってほしい

b.今の自分が提供できる情報は何か
・採用ピッチ資料作成の実績
・作成方法はオープンに世間公開されていない
・HR系企業の情報を知っている
・前職がリクルートで採用関係に強み

c.誰に対して記事を届けたいか(ペルソナ)
・HR系企業の人事、採用担当者
・採用ピッチ資料を作ろうとしている企業

実際に私が紙に書いたのが上記になります。
思い立ったものはどんどん記入していきましょう。


2.何を解決したいのか


ここがある意味記事の『』になります。

当たり前ですが、読者は「タイトル」で自分に必要な情報が手に入るかしか興味ありません。

そこの提供ができているか否かで今後、記事ができた際も読みたいと思ってもらうか。

さらに重要なのが、その記事を拡散したいと思ってもらえるかどうかが決まります。

事例記事でいうとペルソナに解決してほしいことは

・採用ピッチ資料作成による採用の効率化

・採用ピッチ資料の効果を知ってほしい

これに焦点を当て記事作成をしました。

セミナーでの一コマですが、Youtuberの「仮メンタリストえる」さんもここは大切にしている部分と仰っていました。


3.タイトル


やっとここまできました。お疲れ様です。

と言いたいところですが、神経すり減るのはここです。

正直、ここは教えてどうこうの話ではないのでインプットを繰り返して下さい。私自身、参考にしている記事を皆様にお伝えします。

守破離を繰り返していると、しっくりくるタイトルが舞い降りてきます。

私は「新R25」仕事・ビジネスのタイトルをかなりチェックしています。気に入った文言があればストックしたり。


4.構成&アイキャッチ


さて。
1、2、3が決まりました。

構成に関しては紙に一度書いて可視化しましょう。
その上で一度noteに

こんな感じで記入してしまいましょう。
※目次のやり方は後ほど説明します。

出始めのリード文は好みの問題もありますが、私は毎回「意識的」に入れています。それも本文と関係ないところからの出発もあります。

ただ単に出発すればいいのではなく、「気を引く文言」で興味を駆り立てます。

今回でいうと『先日ある奇跡が起きました。』の部分。

タイトルと関係ないやんと思わせ、同時に脳内には「どんな奇跡やねん」が勝手にイメージされています。

ただ、最終的には言いたいことへ導かないと意味がないので注意が必要なのと、シリーズ化することも大切です。

詳しくは過去の私の記事を参照して下さい。

さて構成が決まりました。

ここまできたら私はさらに自分自身をやる気にさせる為に「アイキャッチ」を作ります。

アイキャッチとは↓

これです。
実は素人ながら自分で作成してます。

タイトル並みに重要度「」です。もはや当たり前ですよね。

今まではタイトルに合いそうなものをフリー素材から引っ張ってただ貼ってました。

巷で噂されている

・女性をアイキャッチに使うとクリックされやすい

実践してみましたが、さほど効果はありませんでした。
地道にタイトルとの整合性を考慮して作成した方が近道です。

下記サイトがわかりやすく最高に良いです。

Canvaは使いやすくて初心者向けです。

もっと詳しくアイキャッチを知りたい方はこちら↓


5.文章&表現方法


あとは肉付けです。

意識してほしいこと

・真似できそうな人の文章構成をパクる
・見出しがしっかりあるか
・参考記事&Twitterの引用を所々載せる
・行間を意識する(客観的に読みやすいか)
・言いたい所は太字になっているか
・数字は半角表記になっているか
・一文が無駄に長くなっていないか(目安:1文60文字前後)
・文字増し表現がないか(例:渋谷まで5分となっております→5分です)
・スマホ表示の際も読みやすいように記載されているか
・です・ますを3回連続で使っていないか

あげたらキリがないですが最低限の意識はこの辺り。

記事の書きたい大枠が決まった後はもちろん「リサーチ」します。

noteTwitterで参考になりそうな記事をストックして、さらに足りなければググって記事を探します。

それを載せることによって、主観だけでなく客観性を持たせることができるので相手に話がスムーズに入っていきやすく安心感を与えます。

目次についてのやり方ですが

見出しを上記『T』をクリックして大きくして下さい。

そして文章が完成した最後に「公開設定」を押すと

目次設定のチェックボックスがあるので、そちらを選択すれば公開した時に自動で反映されます。

下書き保存のレビューでは表示されないので注意。

6.まとめ


いかがだったでしょうか。

気がついたら記事がかけていると思います。

記事を書く上ではっきり言えることは、いかに「相手の立場」で「相手を思いながら」作成しているかにつきます。

そして、自分の書いた記事を誇らしく友達に見せたいと思えるかどうか。

初めから自己流でいくのは厳しいので、自分が面白いと思った記事の制作者(ある程度PVの実績がある)を徹底的にパクリ自分のクセ(文言など)を出していきましょう。

note記事はTwitterと相性がいいので、ぜひ作成できたらTwitterで拡散しましょう。

プチ情報ですが、火曜日の9時~10時に投稿しツイートすると結構読んでもらえます。

もう少し勉強したい方は下記を参照下さい。

ps...

少しでも、当社に興味を持って頂けましたら下記無料で資料ダウンロード出来ますのでぜひ。

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

HeaR株式会社
佐藤勇斗(さとはや)
sato_hayato@senioru.co.jp


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

虜になりましたね‼︎
33

佐藤勇斗(さとはや)HRマーケター

HeaR株式会社HRマーケター兼GM。 「採用ピッチ資料作成」を軸に採用マーケティング支援をしてます。元リクルート5年→ HR領域全般やってました。得意分野は求人媒体運用&BtoBマーケ、コンテンツ記事作成。営業、企画、広報、ブログまでやる何でも屋ですが基本は無類のタピオカ好き。

note編集部のおすすめ記事

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。