左利きのパン好きさん必見。 左手用ブレッドナイフ

(メーカー:清水刃物工業所)

左利き専用のブレッドナイフ(パン切り包丁)です

左ききの道具店のアイデアが出てきた時、はじめに扱ってみたいと思った中の一つが、このブレッドナイフ(パン切り包丁)でした。

波刃のブレッドナイフは、出刃包丁などと同じ「片刃」の刃物です。片刃とは、字の通り片側だけに刃が付いていることです。(ちなみに、台所用包丁として最もポピュラーな三徳包丁は「両刃」のため、利き手にはあまり関係なく使えます。厳密に言うと違っているそうですが・・)
もちろん右手用を左手で使っても切れないことはありませんが、やはり左手用を使うに越したことはありません。

三徳包丁や出刃包丁の左利き用はそこそこ見かけるのですが、波刃の左手用はとても珍しいんです。

このブレッドナイフは、左手専用に刃付けされていて、刃の部分にも「左 lefty」のマークが入っています。


パンくずが出にくく、キメが潰れずキレイに切れます

店長の自宅でもこちらを愛用しています。
お値段が少し高いので、長いこと検討リストに入ったままでしたが、ホームベーカリーで食パンを焼く機会が増えてきたので思い切って購入しました。

実は、このブレッドナイフを買う前は、昔何も意識せずに買った右利き用のものを使っていました。なので、初めてこのブレッドナイフを使った時には、スイっと刃の入っていくスムーズさ、パンくずの少なさに驚きました。メーカーさんいわく、普通の包丁を使う時と異なり、ノコギリのように「引き切り」するのがポイントだそうです。

また、焼きあがってケースから取り出したばかりのアツアツ状態の食パンでも、断面のキメが潰れることなく切れて、ちょっとうっとりしてしまいます(大げさ)。

もちろん、写真のようなハード系のパンも、気持ち良くキレイに切れて、心なしかパンがさらにおいしく感じます。


サンドイッチ、ケーキ、巻き寿司・・・いろいろ活躍します

名前はブレッドナイフとしていますが、実は食パンやハード系パン以外にも活躍の場はいろいろ。

例えば・・・
 ・具だくさんのサンドイッチ
 ・デコレーションケーキ
 ・巻き寿司
 ・おにぎらず
 ・トマト

など。

「断面」がきれいだとお料理の見栄えがグッとレベルアップして見えるもの。パン好きさんはもちろん、手料理の写真をよく撮る方にはかなりオススメです。ぜひキッチン道具の仲間入りさせてみてくださいね。

錆びに強い素材、うれしい食洗機OK

素材は、錆びに強く、包丁の素材として代表的なステンレスモリブデン鋼です。使った後は、洗剤で洗い、水分をよく拭き取り乾燥させてください。柄は110度の耐熱素材で、食器洗浄機の使用が可能なのもうれしいポイントです。

刃渡りは25.5センチ。ブレッドナイフとしては標準的なサイズだと思います。我が家の包丁スタンドは小さめなので少しはみだしています・・

刃物の町、岐阜県関市で作られています

清水刃物工業所さんは、刃物で有名な岐阜県関市にあり、プライベートブランドやOEMなど各種刃物を国内外に製造販売されているメーカーです。

■サイズ
 全長:380mm 刃渡り:255mm 重さ:92g

■仕様
 刃部:ステンレスモリブデン鋼/ 8A
 柄部:プラ/P.P(カルプ入り)

■食洗機使用可 ■日本製



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、撮影小物や資料などの購入に充てたいと思います!

12

道具のはなし

左ききの道具についてのノートです。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。