自分を誇らしいと思える気持ちが、周りにも勇気を与える

夢を叶えたことのない人は、夢を叶えるために努力します。
一度夢を叶えた人も、更なる夢を叶えるために、再び、努力します。
これで満足という境地になれないのが人間ではないでしょうか。
現状に満足できたなら、夢など必要ないのかもしれません。

叶えられないかもしれないのが夢です。
夢を描き、自分を励ますのです。
夢のために、現実に目を向けます。
夢と現実は、遠い場所にあるような気がしますが、夢の実現は、毎日の積み重ねの先に存在するのですから、夢と現実が繋がっているのは、間違いありません。
夢の実現に向かって何をすべきかは、人それぞれです。夢が叶うかどうかも、人によって違います。

夢を追いかける姿に、誰もが憧れを抱くのです。
それは、夢を実現させようと頑張っている様子に感動するからだと思います。

夢を達成するまで、ほとんどの人は、もがき苦しむのでしょう。
そんな大変な状況を、醜いとは思わず、美しいと感じる。
人々の心には、一所懸命に生きることこそ素晴らしいと判断する遺伝子が、大昔から備わっているに違いありません。

満足しないことを欲張りだという捉え方もありますが、そんなことはないと思います。
満足しないなら、満足するまで挑戦すればいいのです。
そんな自分を誇らしいと思える気持ちが、周りにも勇気を与えているのではないでしょうか。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

19

東田直樹

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。