【一行引用から140文字で紹介する実用書】『言葉にできるは武器になる。』梅田悟司

どんなに言葉を磨くスキルを学んだところで、自分の気持ちを把握していなければ、強い言葉を生み出すことはできない。

相手には意見を伝える。

思いつきの言葉ではなく、「内なる言葉」と向き合い思考する。

本気の‟思い‟と共感が人を動かす。

T字型思考法で言葉を左右に広げて深く掘り下げる。

●「なぜ?」と問いかけ根本的な内容に。

●「それで?」と問いかけ具体的な考えに。

●「本当に?」と問いか

もっとみる

全裸思考として「哲学」について

「哲学」とは何か、ごく大掴みに書いてみよう。思索とその表出は僕のライフワークでもあるから、ゆるがせには出来ない問題である。音楽とは何か、文学とは何か、宗教とは何か、学問とは何か、教養とは何か、労働とは何か、貨幣とは何か、歴史とは何か、文字とは何か、意味とは何か、自然とは何か、人間とは何か、結婚とは何か、苦しみとは何か、都市とは何か、オナニーとは何か、散文とは何か。自信過剰頭脳低劣の僕はこれまで様々

もっとみる

7月20日(土)の日記

久しぶりに名古屋に出てたら、想像以上に疲れてたらしく、爆睡してました大久保です。

今日の思考

すでに2020年の映画が楽しみ問題浮上しました。

まず、今日みた記事でキングスマンの前日譚(ぜんじつたんという言葉を改めて意味から知りました。雰囲気的にはわかってましたが、読み方がわからなかった…)が来年に公開。

他にも、以下の4作は僕の好みどストライクなので、楽しみで仕方ないです。今年もスターウ

もっとみる

価格設定で迷っている。

7月はまだ空きがありますが、8月は大分予約でいっぱいになってきました。
このまま大きなキャンセルがなければ、昨年越えを無事達成できそうです。

ありがとうございます。(鼻高々)

それで、本題なのですが、泊まったお客さんに「安いですよね」って10組に1組みくらいのペースで言われます。
同じように竹野で民宿や旅館をされている人に、「夏はがっつり儲けようで」と結構な頻度で言われます。

実は今年、繁忙

もっとみる

noteを始めてみた

地域みらい留学で東京の調布から広島の大崎上島にある高校に通ってる3年の細川ますみです。小学校5、6年生で鹿児島県の甑島、鹿島町に山村留学をしていました。

今日から夏休みで、新しいワクワクとか楽しさとかいつもとは違う日常を楽しむ日々が始まります。でも、私は高校3年生、大学進学を考える受験生です。既に塾に通う予定も、AO講座に行く予定も、夏期講習に行く予定も決まってます。だからそんな新しいワクワクや

もっとみる

考えることを放棄したくなる事が多々ある

誰かに助けを求めたくなる事が多々ある

そんな時いつも出る口癖

「どうしよう」

口にするたびに

自分が大嫌いになっていく

憎くなっていく

情けなくなっていく

あぁ、また私変われなかったんだ

どうしよう

人生は幸せ探しゲーム

幸せな人たちは、幸運に恵まれているから幸せなわけでありません。

幸福度が高く人生を楽しんでいる人たちは、そもそも物事の良い側面を見つけるのが得意なのです。

彼らは自分の身に何かが起きるごとに「これによってプラスになったことは何だろう?」と考える習慣があります。

その習慣のおかげでネガティブなことよりポジティブなことに意識が向かうので、他の人が気づかないような小さな幸せにも気づくことができてい

もっとみる

メッセージを「与える」作品を見た事について

変な話かもだが、ずっと何やら真理を求めて色んなアニメ、小説、映画、岩波文庫と、なんだか遡るようにして見漁っていた。そんな中でなんやかんや行き着くのが神話とか心理学や哲学で、物語の源流だったり人間の真理のようなものに出会う。

そんなこんなで、最近のブームは考えることだった。考える力という能力に対してめちゃくちゃ魅力を感じ、考えたことを言葉を使ってまとめまくるのが趣味になっていた。そうしているうちに

もっとみる

終わりよければすべてよしは本当?ピーク・エンドの法則

終わりよければすべてよし、という言葉がありますが、あれは本当なのか…ということを科学的に説明した話があったのでご紹介します。

まずは結論から。これはピーク・エンドの法則と呼ばれています。

「記憶に基づく評価は、ピーク時と終了時の平均でほとんど決まる。」

システム1とシステム2

何故こんなことが起こるのか…それは、経験をする自分と記憶する自分の違いによって生まれます。

人間は基本的には直感

もっとみる

『企画』の質は、因数分解する力で変わる【前編】

デジタルマーケティング領域で、広告会社で「コンテンツプランナー」として仕事をして1年が経過しました。
現在、僕が所属する会社は、アドテクノロジー事業とメディア事業を主にした事業展開をしており、僕はその2つを掛け合わせた「コンテンツマーケティング」のクライアント支援やプランニング業務をメインに事業推進しています。

幸いなことに直近1年の仕事で、前職とは違う仕事を経験することができ、視座が高まり、視

もっとみる