ヒモロギ

「死せる魂の会」CEO。妖怪とかが好きです。

巻二十三第廿四 相撲人大井光遠の妹、強力の語

甲斐国に大井光遠という相撲取りがいました。短躯ながら立派な体格をしたダイナマイト・キッドみたいなパワーファイターで、それでいて「すばやさ」と「きようさ」のパラメータも高いという理想的なステータスの持ち主でした。しかも彼には美しい容姿の妹までいて(二十代後半だけど)、ラノベ系万能キャラ的な側面も持ちあわせていたのです。やれやれだぜ。

 光遠の妹は離れの屋敷に住んでいたのだけれど、ある時、逃走中の犯

もっとみる

巻第二十 第十一 竜王、天狗の為に取られたる語

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・讃岐国。そこにはかつて空海先生が造営した万能池というやたらでっかい池があり、池というよりもはや海レベルのでかさでした。池には大小の魚が多く棲み、そしてまた驚くべきことに、キング・オブ・モンスターズとして名高き竜の棲家ともなっていたのです。

 ある時、池の竜が「めっちゃホリディなので、日光浴でもしようかな」みたいなノリで人気のない堤のほとりに絶賛大上陸し、そして小

もっとみる

沼御前

福島県の沼沢沼に巣食う大蛇の妖怪。昼は美しい女の姿だが、夜になると大蛇の正体をあらわすのだと言う。

 世はまさに大鎌倉時代。当時の会津を仕切っていたのは佐原義連という豪胆な武将でした。彼は神奈川の族あがりで、かつての全国抗争(源平合戦)では源氏の特攻隊長を務めた伝説の男です。どんくらいのレベルの伝説かというと、一ノ谷の合戦の「鵯越の逆落し」では、べつに頼まれてもいないのに急勾配の断崖を先頭切って

もっとみる

一目坊

最上山中に根城をかまえる単眼の妖怪。
 みんな大好き『老媼茶話』にはこんな話が載っているよ。

 辻源四郎という侍が病を得て塔の沢の温泉で湯治をしていた時のこと。お風呂で博学な老僧と仲良くなり、諸国の珍しい話など聞きながら楽しく過ごしておりました。その老僧が寺に帰る前夜、源四郎にこんなことを言いました。
「寺は宿の近くにございますので、よければ遊びにいらしてくだされ。目の前の谷川沿いに登りつめ、杉

もっとみる

舌長姥

敵1体を身ぶるいさせて1ターン行動不能にし、さらに守備力を激減させる「ひゃくれつなめ」を使う長い舌の妖怪。こいつに舐められた男は肉という肉をねぶられ、最終的には骨だけになってしまうという。ハードコアだね! ひゅー!

『老媼茶話』にはこんな話が載っているよ。
 二人の旅人が諏訪千本の松原付近の街道から大きく道を外れ、道に迷ってしまいました。きっと彼らはガーディアンメダルねらいのingressエージ

もっとみる

塩の長司

加賀の小塩の浦というところに谷口ジローが作画したような風体の長者が住んでいて、「塩の長司」と呼ばれておりました。
 この長司先生、昔の日本人には珍しく肉食を愛する孤独のグルメで、死んだ馬の肉から自家製塩漬け・自家製味噌漬けを作っては食べていたそうです。

 しかしある晩の夕餉。膳には大好物の馬肉が並んでいませんでした。
 もぐもぐ。
 早く馬肉こないかなあ。
 白めしといった馬の肉だろうが。
 み

もっとみる