見出し画像

つけまつげはいくつ盛りますか?

東京を去る直前、描いていたブログがプチブレイクした。

なんと、カリスマブロガーとして、テレビ出演(CSだけど)することになった。新宿にある収録スタジオに、お気に入りの自作帽子で向かう。


楽屋で浮きまくる私

マンガブロガーなんて私だけ。みんなかわいくって、おしゃれー。

そんな「おしゃれブロガー」って言われる人たちと、楽屋で顔を合わせて話す。「この帽子自分で作ったの」と言うと、みんな「ステキ」と一応は言ってくれる。

だけど、完全に私浮いてます状態で、全く会話がかみ合わない。

ずっと服やコスメの話が続くのだ。
「そのスカートかわいい」
「◎▲×(ブランド名)の◯◯限定イベントで買ったの」
「いいなぁ。◎▲×好き!今度イベントあったら教えて」
みたいな話が延々と。

服のブランドやコスメの新色の話なんかで、本当に数時間会話が持つものなんだー。私も着るものに興味がない訳ではない。けれど、ブランドには興味がないので、ブランドについて延々語られても返事ができない。

きっと、こういう人たちが世の中の多数派で「普通」なのだとはわかってる。私にとっては、本当に異星人のような方々に囲まれての収録だった。


種類は違っても、みんな何者かになりたい人たち


お化粧してるところ見たら、まつ毛片方につき、3つつけてる!!!

そんなにいらんだろ、と思ったけど、テレビ映りは、盛って盛って盛りまくったほうがいいらしい。だからみんな、目元は宝塚バリ。

ただでさえ目ちっこいのに、私、ダメじゃん。

でさ、テレビに向かって私の数倍ちゃんと喋れるし、スタイルもいいし。

やっぱみんな努力してる。えらいなぁと思う。収録スタジオには、ブロガーに混じって、タレントの卵だという人も数人紛れ込んでいた。

そりゃあ、本気だよね。みんな、何者かになりたい人ばかり。必死になるよね。楽屋では当たり障りのないことを話してるけど、自分が「普通」だなんて、誰も思ってない。

私の周りの人たちは、絵本や絵の話とか、帽子の話でいつまでも盛りあがれる人ばっかで、それって相当偏ってる。私にとっては「普通の人たち」だけど、むしろそっちのほうが少数派なのだろう。

きっと、何者かになるには、少数派であることを恐れてはいけないのだ。

それ以上に、少数派やマイノリティであることが「特別」だと思い上がってもいけないのだ、と思う。


テレビ収録の様子


お知らせ

週末あたりから、7月に書いた記事を、試しにちょこちょこ有料化しております。この先、どんどん無料で読めなくなってくると思うので、興味のある記事は、今のうちに読んでおくといいよ♡(新規の記事は、今まで通り、無料で読めますので、興味持たれた方は、ぜひフォローをお願いします。)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もし、この記事を読んで「面白い」「役に立った」と感じたら、ぜひサポートをお願い致します。頂いたご支援は、今後もこのような記事を書くために、大切に使わせていただきます。

ありがとうございます♡
34

陽菜ひよ子 / イラストレーター&漫画家&文筆家

著書『アトピーの夫と暮らしています』(PHP研究所)。イラストのお仕事は、NHK・Eテレ『すイエんサー』、書籍『おいし なつかし なごやのおはなし』(戸田恵子著、ぴあ)など多数。現在2冊目の本の執筆中。ひよことプリンとネコが好き。 http://www.hiyoko.tv/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。