肌が荒れても、私は荒れない

かなしいことがあった翌日は、決まって肌が荒れてしまう。今朝起きてみたら、顔と首と胴と脚と背中と腕と荒れていた。赤くただれて、それでまた、しばし洗面台にて落ち込む。綺麗に洗ったって、赤みは落ちないばかりか、余分な潤いをなくさまいと必死だ。梅雨寒が過ぎても、アレルギー症状はあまり落ち着かずにいて、アレルギーを持つ人と話すたびにスッキリする。ひとりでは抱えきれないこと。一見はたからみれば小さな事のようで

もっとみる

同音異義のことばで遊ぶ その1 「うつ」

同音異義語、文字通り同じ音を持っても意味は異なる言葉が好きです

そんな言葉たちは、「言語と思考」、「音と意味」の間にいる存在に思えて、そのある種の奇妙さを私はなぜか気に入っています

「打つ」

手と、釘を横から見たもので「釘を打つ」様子を表した漢字。

人はどんな時に「打たれる」のだろう。釘のように打たれるくらいの衝撃。曲がるかもしれない。歪むかもしれない。

驚きに、悲しみに、喜びに、心を打

もっとみる
ありがとうございます!コメント、フォローもどうぞお気軽に
5

同じ絵描きでもこんなに違う、イラストレーターと画家のお仕事

イラストレーターになりたい!と思う人の中には、イラストレーターの仕事内容を誤解している人が多い。特に、限りなく画家に近い仕事と混同しているパターンがよく見られるように思う。

前回までに、「イラストレーターと画家の仕事の違い」と「イラストレーターの仕事内容」について、2回にわたって書いてきたが、今回は「画家」の仕事について書きたいと思う。

画家とはこんなお仕事

前回書いた「イラストレーター」の

もっとみる

夢の中の亡霊

月に数回寝ても寝ても眠い日があるんですが、あれ何なんでしょうね。ホルモンバランスの乱れなのかな。とにかく今日は眠い日でした。眠い日は抗えず寝てしまうので夢をたくさん見ます。

村谷由香里です。
noteをご覧いただきありがとうございます。

夢のメカニズムって全然わかっていないんですが、自分の頭の中を見ているのに全然面識ない人が出てくることに驚きます。
夢は集合的無意識にアクセスする手段なので自分

もっとみる
ありがとうございます! 明日も良い一日になりますように!
6

「レギュラー生活。」

頭痛がする。

それだけで1日が怠慢になる。

昨晩の洗い物の食器が溜まっている。

それでけで1日が怠慢になる。

部屋が散らかっている。

それだけで1日が怠慢になる。

そう、今がその状況。

朝6時30分に目が覚めるものの

頭痛が激しく寝ていたらもうこんな時間。

やろうと思えばきちんとできる日もある。

考えてみたら、前日からの行いをきちんとクリアしたら

次の日もスムーズに「きちんと

もっとみる

書く力をつけたいなら

何だこりゃあ…

 今朝、このnoteを開いて一番に思ったことだ。

 大声に出さなくて、正直良かった。家族に聞かれて詮索されるのは面倒くさい。

 昨夜書いた記事に、なぜ「スキ」がつく…。

 正直、不調だったから、短いし薄っぺらい。

 なのに、気合を入れて書いたアートの記事よりも、反応があるのは気のせいだろうか。

 ここを始めた当初は、営業用として通用する記事を集めておくつもりだった。

もっとみる

#タクシードライバーは見た「嬉しくなる笑み」

とあるビルへとお客様をお送りした。

目の前には、別のお客様をお乗せしたタクシーが止まっている。
車種はセダン。セダンでもコンフォートという少しグレードの低い方。
さらに、会社は大手でなければ、有名でもない。

お支払い最中のそのタクシーの先にはタクシーを待つ列がある。

普通の流れでいえば、目の前のタクシーが先にお支払いを終え、
並んでいる列のお客様をお乗せすることになる。

そんな状況の中、僕

もっとみる

イラストレーターを続けていくのに必要な2つのチカラ

イラストレーターになりたいと思う人は多いけれど、その実、イラストレーターとは具体的にどんなことをする仕事なのか、知らない人も多い。

前回は、混同されやすい「イラストレーター」と「画家」について説明したが、今回は、「イラストレーター」の仕事について、もう少し詳しく書きたいと思う。

イラストレーターとはこんなお仕事

元々「イラスト」とは「絵」という意味ではなく「図像」「図解」のこと。「何かを説明

もっとみる

静かに静かに、祈るだけ

かなしい。かなしいニュースに狼狽えている。今はまだわからない部分が多いけれど、心が痛い。日記を書くのもつらい。なぜこんなことが起きてしまったのか。言葉が見つからない。

今、懸命な治療を受けているおひとりおひとりが一刻もはやく快方に向かわれますように。目を閉じたおひとりおひとりが安らかに眠りにつけますように。志をともにするひとりひとりがこれ以上傷つきませんように。

知らないうちに、ニュースに触れ

もっとみる

とにかくアウトプットを

自分は今、一番何が欲しいのだろう。

 それがはっきりしているなら、動きようがある。

 だが、その質問に対して、はっきり答えられない時は、どうしたら良いのだろう?

 書きたい、という意思はある。

 noteの記事だったり、あるいは小説だったり。

 とにかく書くことが、自分の道を切り開く手段だと信じる。

 内部にもやもやとため込んでその場に立ち止まっているよりは良い。

 だが、これを書こ

もっとみる