そんなに育ちが良いわけじゃないけれど。

育ちが出るって、ちょっと怖いことだと思いませんか?

公共の場での振る舞いで、このセリフがよく使われますが、特に多いのが食事の席です。

箸の使い方や、食器の持ち方、食べる順番まで色々なポイントがありますが、これらのほとんどを、ぼくたちは家庭で学びます。

あまり知らない相手でも食事を一緒にすると、どんな家で育ってきたかすぐに想像できてしまう。ぼくには息子がいて、子どもの振る舞いを汚いって判断されたとき、ぼくの家庭も行儀が良くないと思われます。

これは子ども自身にはどうにもできないことです。完全にぼくら親の責任なんですよね。もちろん、ある程度、子どもが大きくなって、子ども自身が変えようと思って変えられることでもあります。でも、それは自分の育った環境を否定するようで、出来るならそういう努力をさせたくないです。

ぼくが無意識にやっている、食事の振る舞いは両親が教えてくれたものです。せめて、それくらいの行儀は身につけさせてあげたいですね。

あと怖いのは、ある水準以上の振る舞いを身に着けないと、自分の行儀が悪いってことにも気がつけないと思うんです。

この人はキレイな食べ方をするな、とか、あの人の食べ方はかっこ悪いなぁ、といったことを感じることができない人になるかもしれない。

息子が気づけない大人になって、育ちで意識しないうちに、悪い印象をもたれないように、ちゃんと教えてなきゃいけないとですね。

子どもはまだ一歳半なんで、まあ正直それどころじゃないんですけど。

おわります。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

16

nakanehiraku

お気に入り

たまたま目にすることのできた、参考になる記事を保存しています。

コメント1件

どこかは忘れましたが、小さな会社で、採用面接は昼食(魚定食)をごちそうしながら行うそうです。
皆、面接として話す内容に気を取られるようですが、社長さんは、箸の持ち方や魚の食べ方で家庭というバックグラウンドを見極めているんですって。
親となった今、子供が恥かかないためにもちゃんと教えなきゃと改めて思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。