ライター*サトウカエデへ、20の質問

むかーしむかし、テキストサイトでみかける「100の質問」が好きだった。

答えている側は「こんなの、誰が読むんだ」という気になるけど、見ている側としては、普段眺めているサイトの先にいる人の、知らない姿がチラ見できるようで楽しいものである。

そんな気持ちを思い出したので、100とはいかないけれど、20の質問に答えてみよう。

▶▶▶

1.ペンネームの由来を教えてください。

「サトウカエデ」はラ

もっとみる

勉強をする意義

人は、年齢がいくつになろうが関係なく、学ぶ機会を設けられます。

養育者には義務教育は教育を受けさせる義務が生じ、それを被養育者である権利者として行使するかどうかの判断を子どもたちが行います。(正直、この言い方が現実的な物言いになっているのかどうかは難しいです。)

学べるのは子どもでけではありません。

大人でも「学ぶ機会は常にある」わけですが、それは何も大学院大学へ通いMBAを取得しなければな

もっとみる

モチベーションとは「上げる」ものか?

こんにちは。

ちょっと短い期間で筆を走らせただけで、オレいいじゃん!ってにんまりしがちな私です。単純です。

さて、私の年頃の子ども2人(11歳・9歳)の行動を見て、感じた事がありましたので投稿いたします。

お題としては、タイトル通りなのですが、私的にきっとこうなんだだろうなぁという事を記します。

子どもは2人とも音楽とスポーツや諸々の習い事をやってます。

まぁ子供なんでムラっ気はたっぷり

もっとみる

birthday企画〜勝手に応援しているNPO紹介します〜②認定NPO法人国境なき子どもたち

来週実は私誕生日。よくあるバースデードネーションのASKをしようと思ったが、応援しているところが多すぎて、1個じゃ足りないので来週まで、1日1投稿、私が応援している(クラウドファンディングで支援したことがある、マンスリーサポーターだ、何かしらの形で継続的に寄付に関わっている、ボランティアをしている)団体さんを勝手に紹介する企画を始めます。笑

なぜやるのか

来週誕生日なのですが、特に欲しいものが

もっとみる

産後の絶望感、苦しみ。そこから抜け出すには。

あなたは今、産後ですか?

孤独ではありませんか?

絶望を感じていませんか?

苦しくありませんか?

私は産後、

孤独で、絶望的で、どうしようもなく辛かった。

毎日、朝が来るのが怖かった。

毎朝、旦那が仕事にいってしまうのが怖かった。

子どもと二人きりになる時間がくるのが怖かった。

また子どもを怒鳴ってしまうかもしれない。

そんなダメな自分から、子どもを守りたかった。

でもそばに

もっとみる

年長さんは憧れの存在

夏を前に、年長児の子ども達の成長が著しく、頼もしい存在になっています。

 先生に言われなくても、自分達で先の見通しを立て、周りの状況や時計を見ながら、準備や片付けをしている姿をよく見かけるようになりました。

 いつもは年中児・年少児・年長児と一緒になって遊んでいるのですが、年長児だけで遊びだすと、共通のイメージに向かって役割分担をして遊びに集中するので、年中児や年少児は、少し離れてその遊びを見

もっとみる

【不倫発覚→円満離婚までの備忘録】    #015 「子どもたちへの伝え方」

離婚をすると決めて、息子にはほんのり言った。
 
「パパは〇〇のパパで、ママは〇〇のママなんだけど、パパとママは家族じゃなくなります。」
 
と伝えたら、「うん」と言ってなんだか真剣な顔つきになっていた。わかったのかな。
 
 
娘にははっきりと伝えないまま離婚届を出した。
 
特に生活が変わるという気がしなかったので、娘に必要書類を書いてもらう時に言おうと決めていた。

必要書類というのは、戸籍

もっとみる

連載『オスカルな女たち』

《 母か、女か、》・・・2

(もう、子どもが産めない・・・・)
 身体から一気に力が抜けたかのように膝が折れ、バランスを崩した。
「おりせ…っ」
 とっさに腕を掴む真実(まこと)。
「つかれた、よぉ…」
 力なく答え、力尽きたように体がいうことを利かない。

 望むことすら、夢見ることすら、許されなかった。
 本当に、つかれた。
「おりせ!…ちょ…、誰か!」
 真実は迷わず織瀬(おりせ)を抱き上

もっとみる

子どもをひとりの人間として見てみるとラクかも。宇宙人的子育て

宇宙人母は子どものことを
子どもとして見ていません。

ひとりの人間として見ています。
あ、本当は宇宙人として見ています(笑)

子どもとして見るから
いろんなことが気になってしまう。

できるできないとか
将来の不安とか
こんな子どもになってほしいという思いとか…

もちろんそれが悪いわけではありません
子どもが可愛いから、大切だから
愛情があるからだってこともわかります。

でも、先のことばか

もっとみる

「勉強なんてなんの役に立つの?」

僕は教育学者でもなければ、教師でもない。大学時代に塾講師のアルバイトを少ししていただけの、ただの会社員だ。しかし、あまりできの良くない中学生たちを、教えていたという経験と、とある尊敬する社会学者の本を読んで感じたこと、何が大事なのかを少し話してみたい。

タイトルは、僕が実際に中学生の男の子に必ず言われていたことであり、僕自身がずっと思ってきたことだ。その質問の真意は、僕の中でだんだんと変容してき

もっとみる