ウクレレ ワークショップ用参考資料

17
ノート

指1本で弾けるウクレレ「星めぐりの歌」

youtubeに「指1本で弾けるウクレレ」
宮沢賢治の「星めぐりの歌」をupしました。

この曲は僕、ほんと大好きで
童謡のアルバム、ウクレレクラシックソングス、
歌のアルバム「100年」でも
あちこちに散りばめています。

おそらく、この曲を知っている方は
みなさんけっこう「好き」
と思っているのではないでしょうか?

「指1本で弾けるウクレレ」の代表曲にしたいくらい
じつはこの曲ほど"シンプル

もっとみる

リズムについて④

前回の③では1つの車輪が転がり、
その円周部分に♩♪♬(4分音符や16分音符などの音の長さ)が
どんな割合で刻まれているか。
そんな表現でリズムを捉えてみました。

今度は音符によって車輪の大きさを変えてみます。
地面は経過した時間の長さだと思ってください。
転がります。

♩(四分音符)が1回転がります。
その間♪(八分音符)が2回転がります。
その間♬(16分音符)が4回転がります。

車輪の

もっとみる

リズムについて③

右手を1秒に1回振り下ろして
机を叩きます。すると、
1秒に1回、「トン」と音が鳴ります。

トン トン トン トン・・・

同じ間隔で1分間。60回の音が
聞こえて来たことになりますね。
これは60bpm(beats per minute)。
テンポの呼び方です。

この60回の音が鳴るために
どんな風に、手、身体が動いたのか
どんな運動が体に働いたのか
感じてみてください。

その繰り返される

もっとみる

リズムについて②

リズムを感じるということは
時の流れを感じること。

これを「リズム」の前提として捉えていきます。
だから「タイコの叩き方を教わりたい」
と言われて教える前に
タイコでどんなことが出来るかを
考えてほしいのです。

これはナントカっていうジャンルの音楽のビートで
叩き方はこうやるんだよ。
っていうのは、
この前提をとらえた上で考えてもらえれば。

僕はじつはそんなに多彩なジャンルのビートを
知って

もっとみる

リズムについて①

最近、ウクレレのワークショップの他に
タイコのワークショップをやらせてもらう、
そんな機会も生まれてきたので
「リズム」についてのレポートも書かせて
いただこうと思います。

リズムを感じることは
ノリを感じて、ノリノリになる
ということですよね?

「ノリノリ」ということは
調子良くて、ご機嫌で、楽しいことですね♪

音楽の3大要素は
「リズム」「メロディ」「ハーモニー(和音)」
と言われていま

もっとみる

なんとなく なんとなく

先日、日田のウクレレ教室で
「次に弾いてみたいのは?」と聞いたら
「なんとなく なんとなく」と答えたので
ググって覚えて
「なんとなく なんとなく」を
なんとなく弾いてみた。

つじあやのさんでなんとなく
聴いたことはあったけど、
スパイダーズが原曲だったのね。

素直なメロディとコード進行。
ちょっとJAZZっぽく
半音ずつ動かすようなアレンジにも出来る
なかなかの佳作ですね♪

薄曇りの菜の

もっとみる

リマスタリングしたウクレレクラシック12曲、アップロードまで終わりました。

ここで2013年に完成させたウクレレクラシックと
今回リマスタリングしたウクレレクラシックを聴き比べてもらおうと思い、音声をupしました。

正直、3日で終わらせたかったのですが、1週間かかってしまいました。

今まで、自分で勉強しつつ、出来る限りでやったマスタリングにコンプレックスがあったのです。
友達のミュージシャン

もっとみる

この録音は、
先日ふと「1コードでウクレレを弾いたとして、ギターでベース(低音)のルートを変化させてみたらどう聴こえるかなぁ?」と思って、スマホの多重録音できるアプリで録ってみました。(今度は時間見つけてもっとちゃんと録音しますね)

千葉でもギターを用意して、参加者さんが1コード(指1本)でメロディを弾いて、残りの弦を開放で鳴らしている間、ベースを移動させて曲調を変化させてみようと思います。

もっとみる

ドとソとラ

なかなか音感が身につかなくて苦労しました。

数万人に一人と言われる絶対音感の持ち主が
なんでこんなに身の回りにいるんだろう?
あやしいなぁ・・・

そんなことを思いながら学んできました。

まるで言葉のように音を感じたい。
視覚のように聴覚を養いたい。

潜在的に誰でも持っている感性を生かしきれてない。
もっと幼い頃から音楽に触れていたかったなぁ・・・。

そんなことを言っていても今さらなの

もっとみる

指1本で弾けるウクレレワークショップ

日本各地、ライブ演奏をしたり、
ワークショップをしたりして巡っています。

ウクレレが弾ける人も弾けない人も
指1本で気持ちよく弾けちゃう
普通とはちょっと違ったやり方の
1コードから覚えるウクレレワークショップ。
そしてウクレレ生音ライブもお届けします。

***************

チューニングしたら
4つの弦のうち
3本は鳴らしっぱなし。
1弦を押さえてメロディを奏でます。

ある程度

もっとみる