椎名燎平

元造船技師。53歳で早期退職しフリーランスのライターを目指す。男やもめの独身。持ち家、車、仕事、長年過ごした土地などを断放離して一から再出発。受け身から能動へ。サラリーマン脳から個人事業主へ。何でもまずやってみる。発想の転換を実行中。独立を目指すサラリーマンの参考になれば嬉しい。

自分独自のマニュアルを作れ!

ジム・ロジャーズの本を読んでいる。シンガポール在住のアメリカ人で有名な投資家だ。日本に対しては評価が高く温かい眼差しを持っている印象だ。ただ、日本の将来に対して...

文庫本は日本特有の文化

インターネットが普及しスマホが一般化してきた。電車やバスに乗るとスマホを覗いている人がほとんどだ。(かく言う自分もその一人だが。)そんな中で時折文庫本を開いて読...

地球温暖化が進むことは資本主義の終焉を意味する。

大型台風19号が東日本を縦断した。自分が子供の頃、母の故郷の福岡に来て台風を経験したとき関西での台風とは全く違う印象だった。一言で台風の影響と言っても九州や沖縄、...

捨てるにはエネルギーが必要

断捨離と一言で言っても簡単では無い。捨てるにも何がしかのエネルギーが必要になると日頃つくづく感じる。 捨てるにはまず自分の持ち物を整理する。整頓もする。その整理...

優越感より好奇心と憧れ

中学高校の6年間カトリックの学校に通った。そのときの中学時代の校長先生は強く印象に残っている。倫理の時間にときどき授業をされた。中3のときだったと思う。劣等感は...

断放離は定期的に行う

ここ3年前から1年前までいろいろな断捨離(と言うより自分にとっては断つ、放す、離れる、の断放離)をやって来た。やって来たけどやっぱり生活すると何かモノが増える。油...