見出し画像

米澤作品

今日は以前私が読んでいた作品を紹介させてください。

「ボトルネック」「儚い羊たちの祝宴」
米澤穂信 著


米澤先生といえばアニメ化されたデビュー作の「氷菓」が有名ですよね!


初めは知人からの勧めで「ボトルネック」を拝読したのですが、物語が日常から非日常に転換していく中で主人公が最後に考え、行き着いた答えがとても衝撃的だったのを今でも覚えています。

それから米澤先生の他の作品もみたいなーと思い、短編集の「儚い羊たちの祝宴」を購入。
本書は複数の物語が掲載されているのですが、ミステリーものなので主に殺人絡みから話が動き出すといった内容が中心になります。
登場人物のアリバイと動機が丁寧に書かれていて、心情の表現が秀逸だなあと私は感じました!

皆様も良ければコメントなどでお奨めの作品を紹介いただけると嬉しいです!

駄文失礼いたしました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

閲覧いただきありがとうございます。大変励みになります!
14
社会人になってから4年経ちましたが、転職回数早5回となっていました。 日々の感想をつらつらと書いてます。 映画・小説・食べ歩きetc.…。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。