見出し画像

唯一大切にしてくれた人-毒親のお話

私のことをじいちゃんだけは大切にしてくれた。私が3歳半ぐらいのときに癌で死んでしもたけど。

カウンセラーの先生みたいにずっとおんなじ目線で付き合ってくれた。かわいいかわいいしてくれて、タクシーの運転手さんだったからタクシーにも乗せてくれたし、なぜか大型の免許も持ってて、おっきな車にも乗せてくれた。ピクサーとディズニーの映画を私の言うとおりに何度もビデオを巻き戻ししてくれて、何度でも見せてくれた

じいちゃんはママの本当お父さんじゃないねん。ママの本当のお父さんは部落の人でばあちゃんとママに暴力振るってたから、ばあちゃんが大阪までママを連れて逃げたんやって。

じいちゃんは私のことを大切にしてくれたし、パチンコや色んなものにお金を使い果たすばあちゃんに給料渡さなかったって。

ママはおバカさんやな。自分に暴力を振るってた本当のお父さんそっくりになって、ばあちゃんにも暴力振るって。

ばあちゃんは元旦那や自分の娘に暴力振るわれてどんな気持ちなんやろうな。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートして頂けると、これからも頑張って生きていけます。

私もスキ
1

らぶ

解離性人格障害のママが支配する家で育ちました。 18歳のときに児相の保護されました。現在は、毒親たちと連絡を断って、精神的、経済的に自立できてます。東京で大学生やってます。 Twitter→https://twitter.com/look_at_note?s=09

毒親のお話

毒親のお話をちょっとずつ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。