井本佳孝/Yoshitaka Imoto

兵庫県生まれ/愛知県出身/AB型/Web編集者

枯れることなく生きていけたら。

「今までの人生の中で全盛期はいつでしたか?」

数年前にライターをしながら掛け持ちで働いていたバイト先で、大学生の後輩にこのような質問をされたことがある。何気ない会話だったが、個人的にとても印象に残っている質問だった。

「今だよ」

自分はそう答えた。きっと彼は「学生時代だったよ」という答えを予想していたと思うのだが、自分の口から迷うことなく出てきたのは、「今」という答えだった。

当時は駆け出

もっとみる
ありがとうございます!🙃あなたに良いことがありますように~!
3

光を追い求めたあのころ

「早く大学生活から開放されたい。」

社会人になって自分の夢を叶えるなどというキラキラした気持ちなど、当時は一切持っていなかった。

大学卒業に7年(国立大4年、休学1年、私立大2年)もの時間を費やし、社会に出る頃に25歳を迎えていた自分にとって、社会に出て働くということは「やっと普通の人と同じレールに乗れる」という、ただ、それだけの出来事でしかなかった。

スーツ姿で京阪電車に揺られながら淀屋橋

もっとみる
ありがとうございます!🙃あなたに良いことがありますように~!
4

「成功より幸福感」 テニス世界王者、コーチとの契約解消問題で考えた幸せの形

「自分が幸せを感じる瞬間はいつだろう?」

生きている中でそんなことを考える時がある。お金を多く稼げた時?人間関係が良好な時?自分が好きなことができている時? 人それぞれ指標となるものが存在しているのだろうか。

そんな中、関心を抱いたのがこの話題。1月に全豪オープンのシングルスでグランドスラム連覇を果たし、日本人初となる女子テニスの世界ランキング1位となった大坂なおみが、コーチを務めていたサーシ

もっとみる
ありがとうございます!🙃あなたに良いことがありますように~!
7

【ライブレポート】ポルカドットスティングレイ/Zepp Tokyo

ポルカドットスティングレイのワンマンライブ「ポルフェス32 “ #秘密にしといて ワンマン “」が、12月7日にZepp Tokyoで行われた。彼らにとって初めてのZeppツアーとなる今回。東京会場のチケットは完売、超満員となったライブハウスを包み込む圧巻のライブパフォーマンスを披露してくれた。

「私達は今年でメジャーデビュー1年。バンドを組んでからはまだ4年の“エケチェン”バンドです」

もっとみる
ありがとうございます!🙃あなたに良いことがありますように~!
6

答え探しの旅の始まり

「わざわざ東京からありがとう。また来いよ」

「爺ちゃんじゃあね。また来るわ」

2018年9月21日。それが祖父と交わした生涯最後の会話だった。

それから一か月後、祖父は88年の生涯を終えた。一報を聞き、東京から祖父母の住む奈良に駆けつけるまでは持てなかった実感が、遺体と対面し、通夜、告別式を終えた今、現実のものとして胸に刻まれている。

大切な人は確かに逝ったのだ。そして、もう言葉を交わすこ

もっとみる
ありがとうございます!🙃あなたに良いことがありますように~!
3

心とこころが揺れる間で

「感情が揺れる瞬間」というものがある。

日々を過ごし、生活しているとそんなときが訪れる。

この瞬間がいいものに感じられるとき。

素敵な映画を観たり、美味しいご飯を食べたり、好きな人と話をしたり。

些細なことだけど、こんなことが嬉しい。

この瞬間が辛く感じられるとき。

仕事でミスをしたり、友達と喧嘩をしたり、朝起きたら雨だったり。

いちいち落ち込むし、くよくよする。

楽しいことは楽し

もっとみる
ありがとうございます!🙃あなたに良いことがありますように~!
6