2013年1月16日の日記

 

 今日は走ることもせず、世阿弥展に行くこともしなかった。

雪がまだ道に大量に残っているような気がしたのだ。

しかしネットで人々の声を聞いてみると、普通に

走った人は走ったようである。確かにまだ

ぬかるんでいて危険なところはあったらしいが、

走れないことはなかったとのことだ。そういう話を

聞くとやはり走った方がよかったという気になってくる。

たしかに雪の中でも走る人は走る。昨日の午前、

ほとんどの道路がシャーベット状になっていたときで

すら走る奴らはいたのだ。


 おまけに今日は昼飯を食べてから○○して

眠ってしまうという体たらくである。どうしようもない。

先週のあの輝きは一体どこへと行ってしまったのであろうか?


 ああ、そしてこれで3日もランニングをしなかったことになる。

前は13キロも走るというグッドランをしたというのに。

 やはりあまりにも先週にいい波がきたので反動で

今週は鬱屈としているのかもしれない。

雪はとても新鮮な感動を私に与えたが、

溶けてべちゃべちゃになった街を見ているとその

感動も薄れていく。全く、必要なのは美しいものを美しいままに

とどめておくカプセルだと誰かが言っていたがそれは正しいと

思った。

 ただし、午前中にはあれこれと文章を書いていた。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!励みになります。
1

母音

大学卒業後ずっと書き続けていた日記や雑文や小説などを投稿していこうと思います。面白いかどうかはさておいて、とにかく量だけはたくさんあります。今までそれしかやってこなかったからです。試行錯誤しながらやっていきたいと思っています。

2013年の日記

2013年の日記などをまとめたものです
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。