見出し画像

サンフランシスコの思い出

こんにちは
自問自答ファッション通信です。

公式HPに記事をアップしておりますので
よろしかったらご覧くださいませ。
https://www.jimon-jitou.com/column/post-1030

10年前にサンフランシスコに行った時のことを最近よく思い出します。写真を撮ること、絵を描くこと、デザインをすること。全て息を吸ってはくように、当然のように日常にある生活。国や言語を超えて分かり合えることを学んでおいてよかったなと感じています。過去の話をするのはあまり好きではありませんが、それはそれは、すてきな日々でした。

この時期、会う人会う人に「私は画家です。君は?(何をしているの?)」と聞かれて、20歳そこそこの私は何も答えられませんでした。

サンフランシスコで出会った人はみんな「職業」ではなく、「ライフワーク」がありました。
ダンスをずっと続けている人、バンドを組んで演奏をしている人、絵を描いて暮らしている人、写真を撮り続けている人、アート活動をしている人。お金を持っている職業は別にあるけれど一生を通してやり続けることを見つけている人ばかりでした。

私は会社を退職して独り立ちしたばかりですが、ありがたいことに会社員時代のお取引先さまたちにお仕事をいただき、生活しています。

そして自問自答ファッション通信を立ち上げることにより人生の「ライフワーク」を見つけました。
ぜひ、みなさまとファッションについて深く考えていきたいと思っています。
ご依頼いただけますと幸いです。

引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

https://www.jimon-jitou.com/form


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければ、サポートをお願いいたします! 読者のみなさんが更におしゃれになっていつでも楽しく笑って暮らせるように、ファッションを研究しまくります◎

私は西荻窪アテスウェイのモンブランがスキです
1

自問自答ファッション通信/スタイリスト

Akiya Asami /東京生まれサブカル育ち。百貨店にてパーソナルスタイリスト、バイヤーを経て独立。インタビュー形式で「その人のコンセプト」をカウンセリングすることでファッションを「外見から」だけでなく「内面から」スタイリングする。ファッション講座やってます。みんな来てね!

自問自答ファッション通信

自問自答しながらファッションについて お話しするコラムです。 読んで頂けると嬉しいです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。