常磐線不通区間の代行バスに乗る

2011年3月の東日本大震災および、福島第一原発の事故の影響により、
2019年1月時点で常磐線の不通区間が残っています。

2017年2月にいわきサンシャインマラソンに参加する時に
この不通区間を代行バスで通っています。
当時の常磐線不通区間は小高~竜田で、代行バス運転区間は原ノ町~竜田でした。

この時に書いてた内容がこちら。

その後、小高~浪江、富岡~竜田が復旧。
2019年1月時点で、残る不通区間は浪江~富岡の20.8㎞で、
この区間も2020年3月までに復旧予定となっています。

今回は南から。
東京から特急ひたちでいわきまで。


いわきからは富岡行きに乗り換え。

列車内の路線案内図。
2年前は書かれていなかった富岡駅が書かれています。

広野~木戸間で工事中のJヴィレッジ駅。
開業は2019年4月の予定です。もうすぐですね!

富岡駅到着。
駅は工事中です。

空間線量計が設置されています。

ここからの代行バスのダイヤ。
今から来るのは原ノ町行きですが、浪江で降ります。

富岡駅前。
食事と買い物ができるお店があります。

バスが来たので、乗ります。乗客は4人。

途中、帰還困難区域を通過するので、窓は開けないように、とのアナウンスがありました。

時間通りに浪江駅に到着。

富岡駅・浪江駅を見ると、それぞれ運賃表が分断されています。
これも2020年には解消の予定です。

浪江駅では原ノ町行きの列車待ち。
駅前に食事もできるカフェがあるので、ここで食事と休憩。

食べたのは浪江焼そば。おいしかった!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

hideki@鉄分多め

鉄分多めなシステム屋。 属性は乗り鉄だが、バスもフェリーも飛行機も好き。登山も好き。 日本地図を眺めては、「今度はどこを攻めようか?」と考える日々。 お気に入りは、しまなみ海道・木次線3段スイッチバック・火打山。 行きたいところは、屋久島・鳥海山・沖永良部島。

東西南北旅行記

日本全国、様々なところに旅行した過去を振り返ります。 書いているうちに、「もう一度行きたい!」と思えてくることでしょう。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。