詩集『紅・くれない』32ページ版

有料と書かれていますが、基本的に無料で全部読めます。今後の福島取材、制作活動のため、投げ銭をしていただけると嬉しいです。

・・・・・

2019年9月21日〜11月17日まで、岡山県津山市のカフェギャラリー&ゲストハウス、Nishilma25で原画を10枚展示中の、詩集「紅」を公開します。

2019年制作、全32P/鈴木邦弘個展「紅・くれない」(岡山県津山市、Nishilma25)出展作品。

もっとみる

一軍になれなかった高校時代

南相馬市での悶々とした毎日

焼き物にはそこまで愛着というか、全く進路の選択肢にすら入っていないまま、地元の小学校、中学校での日々を過ごし、浪江町の隣、南相馬市にある県立高校に進学しました。

高校では、中学から続けていた剣道を続けることにしました。それなりに真剣に練習に取り組んではいましたが、そこまで強くもなくレギュラーにもなれない...一方で学校の授業もあまり熱が入らず、なんだか悶々とした毎日

もっとみる

Gatchのこれまで。

自己紹介

はじめまして、松永武士です。日本の伝統産業を世界に広める専門商社「Gatch」の代表をしています。

日本の伝統産業の良さを生かしつつ、現代の生活様式や感性に合わせた商品開発、ブランド開発や、ネット販売、海外展開などに取り組み、国内はもちろん、少しづつですが香港やニューヨーク、パリなどへも販路を拡大しています。

今でこそこのような事業をしていますが、学生時代に起業して以来、何度も潰れ

もっとみる

故郷と台風の季節

本日台風10号が日本に上陸した。非常に勢力が強いそうだ。先程ここ東京も強い雨が降った。

台風による床上浸水を経験したことがある。

子供の頃、福島県の浪江町で親が新築の住宅を建てる少し前、昭和的な平屋の貸家に家族4人で暮らしていた時のことだ。

東北にかけて勢力を保ったまま北上した台風は付近の高瀬川を氾濫させた。外は暗い。幼い妹は既に就寝している。警報が鳴る中、私の家族はテレビのニュースを不安げ

もっとみる

酷暑の富岡、浪江、葛尾、都路、大熊、双葉。

「有料」とありますが、基本的に全て無料で読めます。今後の取材、制作活動のために、カンパできる方はよろしくお願いします。

〜〜〜〜〜

7/31、8/1の2日間、浜通りを取材してきました。

9/21からの岡山での個展に向け取材に行きたいと思っていた矢先、「8月上旬から排気筒の解体が始まる」そんなニュースがありました。場合によっては大量の放射性物質の飛散も予想され、であればその前に取材に行かなきゃ

もっとみる

福島県双葉郡浪江町を訪れた日のこと(2)

わたしは運転ができない。
いずれ免許を取ろうと思いながら過ごしてきて、取らないまま、いつのまにかそこそこの年齢になってしまった。
東北の沿岸部を訪ねるとき、車は必須だ。以前、南相馬の観光協会で借りた自転車で町から海岸を目指したときは、日頃の運動不足もたたって全身ががたがたになってしまった。そうして見ることができたのは、被災地のほんの一部。信じられないほど広範囲に渡る被災地の、ほんの、ほんの一部だ。

もっとみる

イオン浪江店の開店日

7月14日。浪江町にやっと、初めてスーパーが開店した。避難解除から2年。これまではコンビニか、他の自治体まで出かけていた。開店の前の日、浪江の宿の方が『やっとスーパーができるんですよ~』と嬉しそうに話していた。

大きくはないが、店内は多くの人々でにぎわい、レジには長い行列ができていた。
地元の請戸漁港で水揚げされた魚を、漁師の方が売りに来ていた。

福島水揚げのほっき貝を試食した。とってもおいし

もっとみる

福島県双葉郡浪江町を訪れた日のこと(1)

2019年の6月、霧のような雨が降るなか、福島県の浪江町を訪れた。
数ヶ月前、都内のとある場所で、浪江の出身の方に偶然お会いした。原発からほど近い浪江町は、つい最近まで全域が帰宅困難区域だったけれども、今では一部の避難指示が解除されている。その方との出会いがきっかけで、いろいろあって、浪江を訪ねることにした。
上野から新幹線で1時間半もすれば福島に着く。そこからレンタカーを借りて、さらに東へ1時間

もっとみる

全市町村制覇を始めたきっかけ

みなさんこんにちは。

社会人をしながら全市町村役場1741を約1年で全て回った渋沢と申します。

これから全市町村を巡った感想や全市町村制覇に必要なことなどを不定期に投稿していきたいと思っています。

今回は全市町村制覇を始めたきっかけについてお話します。

市町村制覇の構想

全市町村役場を回るという壮大な構想を考え始めたのは2017年初頭でした。

私は旅行や鉄道が好きで、JR全線制覇目指し

もっとみる