赤ちゃんと大人のかぼちゃポタージュ

今週のcakesの連載、かぼちゃのポタージュをアップしたら「赤ちゃんの離乳食にもいいな」という方がいました。

ただ、このスープはバターがこれでもかと入るのが特長なので、赤ちゃんにはあまり向きません。と、いうことで離乳食バージョン、そして大人も一緒に食べるときの方法です。材料はやっぱりたった3つです。

かぼちゃのポタージュ(赤ちゃんといっしょバージョン)

材料(親子1組)

かぼちゃ 小1/4個
バター 25g
塩 少々

cakesの写真流用します。バターはこの半分ぐらい。赤ちゃんに少しとりわけるので、バター少なめです。

作り方

1.かぼちゃを切る
かぼちゃの種とわたをスプーンでとってからタテヨコ4つに切り分け、皮をむき、3~4cmのサイズに切る。

2.かぼちゃを蒸し煮する

かぼちゃを厚手の鍋に入れ、塩一つまみと水100mLを加えてしっかりとふたをして、中火で約10分蒸し煮する。(途中鍋のふたをあけて水が減っていたら少し足してやる)

3.つぶして、赤ちゃんのをとりわける

ふたを開けてそのまま加熱して残りの水分を飛ばし、それからヘラでつぶす。焦げ付きそうなら火を止めて。つぶれたら赤ちゃんの分をとりわけ、スープにするときは白湯か、脱脂粉乳(粉ミルク)で、好みのとろみにのばす。

4.残りを大人のポタージュにする

鍋に残ったかぼちゃが熱いうちにバターをよく混ぜ、水50~100mLで少しずつのばしてとろみをつけ、あたためる。

かぼちゃの切り方はcakesにも詳しく載っているので、ダイジェストで。皮は、このサイズにしてからそぐように切ると、とっても簡単です。

今回は、炒めずに水を加えていきなり蒸し煮するので、薄切りじゃなくてコロコロでOK。水カップ半分ぐらい加えて蒸し煮します。ふたつきの鍋で。

箸で刺してみると、簡単に箸がとおるぐらい柔らかくなるまで蒸します。水が足りなかったら、少し足しましょう。

ここからはへらでつぶします。赤ちゃんの月齢に合わせて、ていねいにつぶしたり、多少粒を残したりします。

水分を飛ばしながら、つぶしていきます。

で、こんな風にペースト状になったら、赤ちゃんの分をまずとりわけます。マッシュかぼちゃなので、このまま与えてももちろんOK。

なんか、最初のうちってこんな感じだった気がするけど、もっと多いのかな、少ないのかな……

で、あかちゃんの分をよけたら、心おきなくバターを入れて混ぜましょう。あとは、これを水でゆるめて、塩で味を調えるだけです。大人だったらミルクや豆乳でのばしてもいいですし、クミンやシナモンなど、スパイスをちょっと振ったっていいのです。

今日は、赤ちゃんの離乳食はマッシュかぼちゃ。大人はかぼちゃのクリーミーなポタージュ。一緒にいただきまーす!(いや、赤ん坊と一緒に食べるのは無理か…)

かぼちゃ1/4個で上の写真ぐらいつくると、マッシュかぼちゃが残ります。冷凍しておいて、また別の日にのばして使えばいいですよね。

炒めて作るバージョンに比べると、若干あっさりした感じがしますが、とはいっても十分おいしいかぼちゃスープです。何より簡単!これならワンオペレーションで、大人と子供の食事がまかなえます。

ぜひ、やってみてください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくださってありがとうございます。 がんばるみんなの毎日を支えるスープと、くらしの形を作っています。サポートをいただけたら、だし昆布を買います。

お礼にあったかいスープをどうぞ。
135

有賀 薫

スープ・レシピ

おいしくてかんたんな、スープのレシピをご紹介しています。
4つのマガジンに含まれています

コメント2件

あやうく前のレシピで離乳食で作るところでした!助かりまーす。
中村さん、それはよかったです!調味料、油分は与え始める大体の目安はありましたよね。また、バターは乳製品なので、その点もお気を付けください。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。