見出し画像

割り込みするなら理由を示せ!?

一言でいうと

理由を言って割り込みをすると、断られる確率が激減した

活用シーン

頼み事

内容

図書館のコピー機の前で実験者が待機する。
誰かがコピー機に近づいた際、実験者は次の2つのパターンで割込みを試みます。

A:「すみません、5ページなのでコピー機を使っていいですか」と言いながら割り込もうとする。

B:「すみません、5ページなのでコピー機を使っていいですか。急いでいるのです」と言いながら割り込もうとする。

結果は、Aに対しては40%が断られた。
しかし、Bに関しては、断られる割合は6%に激減した。

『しらずしらず――あなたの9割を支配する「無意識」を科学する』レナード・ムロディナウ (著)

これを見て面白いな、と思うのはBは理由を述べています。
しかし、この理由は割り込むに値する納得感ある理由とは思えません。たとえば、「あと3分で会議が始まるので」とかだと「ああ、じゃあ仕方がないな」と思えるかもしれませんが、単に「急いでいるから」ってどないやねん!と思うわけです。

実はこの実験には続きがあります。

C:「すみません、5ページなのでコピー機を使っていいですか。何枚かコピーしなければならないので」
というと断ったのはわずか7%

つまり、合理的な理由でなくとも、「なになにさせてください。●●だから」というテンプレートを使うと、割り込みがOKとなる確率が格段に高まるということです。

これは恐らく、人は相手の言葉を吟味して検討しているわけではない、という話だと思います。なんとなく、理由っぽいことを言ってるから、しょうがないか、なんていう感じで雰囲気でOKしてしまっているようです。

この辺りは、ダニエル・カーネマンの本には結構詳しく出ていますので、気になる方はそちらも参照いただけると面白いと思います。




こんな本書いてます(^^)/

楽天はこちら。

https://a.r10.to/hlNzwn



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートは、日本の二代目経営者のこれからの活躍を支援するために使わせていただきます。

ありがとうございます<m(__)m>
4

田村薫

父の会社を継いだ二代目社長。 同じ境遇の人たちが身体を壊し親の会社を辞める事例を見た。 原因は親子の確執。原因を解明し、二代目専用コミュニティを通じて、中小企業の二代目が活躍できる状態を目指して活動中。 著書『親の会社を継ぐ技術』https://amzn.to/2JzrqcT

心理学・脳科学の実験や知見をご紹介

使える心理学・脳科学の知識を集めました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。