学会スライドを考える その3

MacにはKeynoteという素晴らしいプレゼンテーションソフトが用意されている。このソフトは、PowerPointとは比べものにならないほど使いやすいため、学会スライドの作成に使用しているという医師も少なからずいるのではないだろうか。

しかしながら、ほとんどの学会は、いまだにスライドの発表形式をPowerPointに限定している。そこで、二度とパワポなんかでスライドを作りたくないというMacユーザーのために、Keynoteのスライドをパワポにする方法を紹介したいと思う。

①PowerPoint形式で書き出す

実は、KeynoteにはPowerPoint形式で保存する機能が標準でついている。しかしながら、レイアウトが崩れる心配があるし、何よりもMac専用の綺麗なフォントがWindowsでは再現できないため、この選択肢はあまりおすすめできない。

②JPEG形式で書き出してPowerPointに貼り付ける

スライドをイメージとして書き出したものをPowerPointに貼り付ければ、綺麗なフォントをWindowsでも表示させることが可能になる。ただし、JPEG(高品質)で保存しても解像度はそれほど高くなく、アニメーションも使用できなくなる。

③PDF形式で書き出して、さらにJPEGに変換して貼り付ける

個人的に最もおすすめなのがこの方法である。最初にPDF形式で書き出しておけば、高解像度のJPEG画像が作成できる。ただし、PDFからは複数のページを一括して書き出すことができないため、変換のための作業がやや面倒である。

このように、Keynoteで作成したスライドからパワポにすることは可能であるが、②と②ではアニメーションは諦めなければならない。いずれにしても、Keynoteが標準にならない限り、質の高いスライドが増えてくることは期待できそうもない。

とっても嬉しいです😀
4

Ken Miyoshi

電子カルテがどうすれば使いやすくなるか日々考えています。 Dermatologist http://344creative.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。