いつものカフェで

いつものカフェに来ている。「いつものカフェ」と呼んでいるけれど、ずっと同じ店ではなく、いく先はいつのまにか変わっている。GINZA 5の地下にあるスタバ、リクルートの本社内にあるタリーズ、スタバ・コリドー通り店。閉店したものだと、R25カフェ、ミッドタウン日比谷の前身のビルにあったスタバ、コリドー通りのタリーズ、日比谷のセガフレード。いまは日比谷の小さなカフェが、ぼくにとっての「いつものカフェ」だ。混んでいるときは、近くのドトールか、ミッドタウン日比谷のスタバ、そこも混んでいたらあきらめて帰る。

こういう「いつもの◯◯」というのはいろいろある。ランチでは、深川にいたころに通った喫茶店・ひまわり、深川ギャザリアの釜飯屋。銀座界隈に来てからは、京橋のZESTのステーキにハマって、週3ぐらい通っていたこともあった。ほかにも舞桜、さかなさま、韓豚屋、その地下の麹蔵、さくら、SUBWAY、N9Y、、大庄水産、炉端かば、朔月、羅豚、道しるべ、北京。再開発でビルごとなくなったのも多い。最近はもっぱらセブン、たまにマック。

ちょっと脱線したけれど、「いつものカフェ」には毎週木曜か金曜の仕事帰りに来る。今日は行くぞ、という日は、夕方のコーヒーは飲まない。7時きっかりに退社するために、仕事もあれこれ調整する。8時過ぎると、帰りの電車が空くので、それまで1時間弱いる。

ここではいつも、マキアートを注文する。デミタスカップのエスプレッソにスチームドミルクはいった、ミニカプチーノみたいなやつ。昼間散々コーヒーを飲んでいるので、このサイズがちょうどいい。春と夏はアイスカフェラテだ。

カフェでなにをするかといえば、手帳に何かを書くか、iPad Proにキーボードをつないで、こんな風にnoteの下書きをする。9割ぐらいは、途中まで書いて、うまくまとまらずにずっと下書きのままなので、ここに来た回数分、下書きがたまっていくことになる。

これも、いつかいたのかわからないぐらいだけれど、400文字ぐらい書いてあったので、ちょっと手直しして公開することにした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Muchas Gracias
9

エッセイ

コラムとエッセイの違いはわからないけど。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。