私は顔文字が嫌いだ

わたくしは、顔文字が嫌いだ。

わたくしは、言葉が好きだから
「ニュアンス」や「情緒」は、言葉で表現してある方が、いい。

顔文字や絵文字を多用する人は、
「私はカジュアルでフランク」っていう言外のセルフイメージを
演出しているつもりなのかなとも思ったりするが、
受け手であるわたくしにとっては、
むしろ逆に作用してしまう事の方が多い。

そんなことを言いながら、わたくしが全く顔文字や、絵文字を使わないかというとそんなことはなく、
結局、それこそ、ニュアンスの問題なのかもな、と思う。

その日、携帯が鳴ったのは
わたくしが、父の入院先の病院から帰って、一息つこうかとした所だった。

「明日、いらっしゃいますか?」

「あ、いつもありがとうございます。
はい。明日、伺います。」

「そうですか。じゃあ、その時
紙おむつをご用意なさってください。
これから入用になりますから。」

「あ、はい。」

「大人用のMサイズです。」

「判りました。・・・あの、今日の方がいいですよね?」

「そうですねえ。まあ、できれば早い方がありがたいですけれど。
下の売店に売っていますから。」

「はい。判りました。」

病院までは、バスを乗り継いで、待ち時間を入れると、
自宅から片道1時間かかる。

それでも、父が不自由しないために、
看護婦さんに少しでも負担をかけないように。

私は、また、病院へと向かった。

病院へ着いたのは1時過ぎで
売店に向かうと
あ、あった。
これだな。
紙おむつのMサイズ。

病室で、病室のロッカーに入れて
看護婦さんに
「あの、紙おむつ、ロッカーに入れておきましたので・・・。よろしくお願いします。」

そう言って帰った。

帰宅して
「お茶でも飲んで、ゆっくりしなさい」という母の声に
「そうだねー」と答えていると、携帯が鳴った。

いつもの方とは違う看護婦さんの声。

「あー、すみません。今日、持ってこられた紙おむつ、
なんでこのサイズにしはったんですか?
Lサイズじゃないと、駄目なんですけど。」

「え?
・・・・あ、そうですか。
・・・・Lサイズなら、大丈夫ですか?」

「Mサイズは、小さいんですよ。」

「・・・判りました。すぐに、そのサイズのを持ってあがります。」

心配そうな母に「大丈夫、ちょっと行って来るから」
そう言ってわたくしは、再度病院へ向かった。

病院へ着いたのは4時過ぎで、急ぎ足で売店に向かうと
売店のシャッターは、閉まっていた。

え?

病院の周りには1件コンビニがあるだけで、
コンビニには紙おむつは、売っていない。

20分程行った所にスーパーがある。

そこに、あるかもしれない。

タクシーを探したけれど
タクシーはいなくて
バスを待つ時間が惜しくてわたくしは、歩いた。

必死に歩いてスーパーに着いて
「紙おむつ、紙おむつ・・・」

呪文のように頭の中で繰り返して
ああ、赤ちゃん用のしか、ない。

あ、あそこのは、大人用??
だめだ。
Mサイズじゃん。

「すみません、こちらのLサイズ、ありませんか?」

ちょっと見てきますと言って裏手に引っ込んだ店員さんが
「1個ありました。こちらでよろしいですか?」
と持って来てくれた時は、天使に見えたよ。

その包みを抱えてまた歩いて病院に帰って
詰所に
「・・・Lサイズ、用意できました。すみませんでした。」

家に帰って
ふううう~~と思ったら
また、携帯が、鳴った。

「LLサイズ、用意してもらえます?
なんか、Lサイズだと、やりにくい気もするんで」

「・・・判りました。」

今度は、病院へ向かう途中の薬局に寄る。

LLサイズの紙おむつ。

父が不自由しないように。
看護婦さんに少しでも負担をかけないように。

帰宅したらもう8時を過ぎていて

「今日は「THE病院の日」だったねー」

なんて、母と話して笑い話にして。

夕食後
PCを開いたら、友達からメッセージが届いてた。

なんだろねってメッセージを開いてみると

「tonchikiちゃん、お帰りなさい。
今日も一日ごくろうさま。 (^_^) 」

PCの前で
号泣した。

わたくしは、顔文字が嫌いだ。

でも
一度

顔文字で、泣いたことが、ある。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

本当にありがとうございます。読んで戴いただけでも嬉しいですが、サポートしてくださったお金は今後の活動のヒント(本等)にありがたく使わせて戴きます。

更新の励みになります。ありがとうございます!
12

凛々往く道

7年間の自宅介護で父を看取った私の日々。

コメント2件

こんばんは。私は昼間にここを訪れて読んだ時に、ぐっときたのですがコメントできないほど胸がいっぱいになって...私も夜、薬局は開いてないのでコンビニを目指して紙パンツを探しに走ったこと(でもサイズがなくて)があり、他にも入院先で看護師さんに「これは頼んだものと違います」と言われた記憶も..またゆっくりじっくり読みますね。私の記事の方へもコメントありがとうございます!
haniho_kum さん、コメントありがとうございます。noteに書き始めて初めてコメント戴いたのが、この記事だったことを思いつつ本当に嬉しいです。
haniho_kum さんも、なのでいらっしゃるのですね。
>「これは頼んだものと違います」…ああ、あった。そして、折角用意した水差しがいつの間にかなくなっていたり…いろんな事がありますよね。…ありました。人間ですものね。判っちゃいる。いるんですけれど。
私は haniho_kum さんの漫画を読みながら「今日は行かなくていい日」って少しほっとしながらも、それでもやっぱり柔らかい気持ちを抱えていらっしゃる、お父様を大事に思っていらっしゃる、そこがとても好きです。なんかダラダラ書いてしまいました。なにせ、初めてコメント戴いたものですからw。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。