【詩】粧う

アザミの花が吹いた粉(こ)を頬紅に

差して 眦(まなじり)に影を

つけて 

蝶々の鱗粉を白粉(おしろい)に

にきびの跡には黄色い蝶のを

のせて

たんぽぽを化粧筆にしてはたいた

イチイの蜜を艶出しに薬指で

えぐり

山葡萄を見上げながら唇をつついた

指に巻きつけた蜘蛛の糸で

落として

ふきの葉に溜まった露(つゆ)で肌を整えた

暑くなったら

蜻蛉(とんぼ)の羽で皮脂(あぶら)を取るの


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートは、本代やフィールドワークの交通費にしたいと思います。よろしくお願いします🙇⤵️

嬉しいです❄❄❄  ありがとうございます🙌
13

木勢佐雪

小説を始めとした文章を書きます。

詩集 葦船

あしふね、と読みます。全8作からなります。 写真素材:ぱくたそ 写真撮影:にっしーな
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。