北のなでしこ アマウツシ

北海道に移住して早6年。出産予定もないけど、高齢出産と呼ばれるらしい35歳を目前に、なんとなくの健康じゃなく、みなぎる健康を手に、家族も、友人も幸せに暮らせたらと願う。健康情報を発信中。 ブログ「からだを信じて生きてみる」nadeshikokana.hatenablog.com/

しごるちゅう。

さて、恐怖の?!グァーサ体験を経て、得た智恵。
それは、中国に古くから伝わる
「子午流注(しごるちゅう)」という考え方。
「子午(しご)」は時の流れをあらわし、
体内の基礎エネルギーである気血が、
いつ、どの臓腑に流れるのかが示されている。

1時~3時
肝臓機能の回復の時間帯。
朝まで呑んでる人は負担ばかりかけていることに…

3~5時
肺の働きが高まる時間帯。
喘息持ちの人が一番苦しくなるのも

もっとみる

からだ修復のための絶対条件。

子供時代に飼っていた猫が、
どこでケンカをしてきたのか
大けがをして帰ってきた。
血が出ていたけど、
放っておけとばかりのオーラで
家の中の段ボールの奥の方で
ただただ、ジッとしていた。
何日もご飯を食べず、
静かにジッと回復を待っていたのを
見守っていた記憶がある。

からだは、食べ物を食べると
消化吸収を一生懸命行い、
それが終わるとやっと修復活動をはじめる。
修復よりも消化の方が優先度が高い

もっとみる

初めてのグァーサ痛快!?体験

「3年かけて良師を探せ」という、
中国武術の言葉があるほど
何を習うか以上に、誰に習うかが大事。
それは占いをしてもらうのでも、
施術をしてもらうのでも、一緒なので
信頼している方の紹介が、一番。

さて、
痛快!?体験とは、何かと言えば、
前々回でも書いた“刮痧(グァーサ)”である。
(日本ではカッサと呼ばれることが多い)

グァーサは中国の民間療法で、
中国最古の医学書とされる
『皇帝内経

もっとみる

朝食は食べますか?夜は何時に寝ますか?

朝はコーヒーだけ。それも深煎りのフレンチ。
お昼は、ナッツとチーズをつまみ、
15時ごろにお腹が空いてイライラしながら、
コーヒーで誤摩化し、
夜に家に帰って、やっと、本日の食事にありつく。

炭水化物抜きダイエット
とまでストイックではないけれど
日中眠くなるのを避けるため、
そんな生活がスタンダードになりつつあった。
だからと言って、さして痩せるわけでもなく、
どちらかというと、
内臓は消化す

もっとみる

どんな“塩”を摂るかが、運命の分かれ道?!

生活習慣を変えることは、小さな革命である。
一人暮らしだと誰も見ていないからズルができるし、
二人以上だと価値観の違いがあからさまになる。
いずれにしても、ただ事ではない。
しかも、慣れないうちは、“元の生活”がちらつく。
それを振りほどくには、背水の陣を敷くに限る。

今、“サエグサ流”でアツいのが、
中国伝統の民間療法 “刮痧(グァーサ)”。
日本では、“かっさ”という読み方がポピュラーで

もっとみる