小山和之

weaving代表取締役/ designing編集長。inquire所属| Apple Retail、建築設計事務所、デザインコンサルを経て独立。デザインとビジネスの距離を近づける仕事をしています。

自分と向き合う“手段”を知る

昨日、ハワイ行きの航空券を買った。

前回いったのはちょうど4年前。設計事務所3年目のころで、1週間丸っと休みをとり、ゆっくりと自分自身のこと、これからのことを考えた。帰国後、すぐに転職活動を始め、3ヶ月後には前職のデザインコンサルへ転職した。

同じく、1年程前ドイツへ旅行へ行った。デザインコンサル3年目で、1週間同じく丸っと休み、ヨーロッパの街並みを楽しんだ。この期間で、自分はデザイン領域にフ

もっとみる

長く付き合える“モノ”を見つける技術

本記事は昔書いていたブログから転載したものです。

2016年、スウェーデンでは、モノを新品で購入するよりも修理して使い続ける方が安くなるよう、修理にかかる付加価値税(VAT)を約半額にする政府予算案が提出された。

買い換えず、1つのモノを長く使い続けるのは良いことで、モノとの付き合い方としては疑いようもなく正しい。まさしく“正義”だと思う。他方で、世の中には修理して長く使い続けられないもの、使

もっとみる

「書き手の頭をいかに刺激するか」も編集の仕事である

編集の介在価値を学んだ話。

---

僕の所属するinquireでは、月次で代表のモリジュンヤさんと面談する機会がある。基本的には前月の振り返りと課題発見、整理、ネクストアクションの設定をもとに次月の目標作りなどをしていく。

人によって内容は違うと思うが、僕が今月課題感を感じ相談していたのが、編集力の向上とタスクマネジメントの話だった。

タイトルは、その面談の中でジュンヤさんから聞いた言葉。

もっとみる

weaving inc./2018年の振り返りと、2019年について

あけましておめでとうございます。

年末年始と家族行事にフルコミットしたため、帰りの飛行機でこの原稿を仕上げています。2018年、おかげさまで多様なお仕事、PJTに携わることができました。本記事では2018年をいくつかのトピックに分けてまとめつつ、2019年の目標を整理していきたいと思います。

 

退職/起業

まずはこれ。詳細はこちらのnoteに譲るが、会社員でもなく、フリーランスでもなく、

もっとみる

【2019年版】デザイン・ビジネスを横断して携わる編集・ライターを募集します

weaving inc.は、2018年に立ち上げたデザイン、ビジネス領域の双方を横断しながらコンテンツ制作、情報発信支援に携わる会社です。

これまでは僕の一人会社に近く、メンバーもタスクベースでサポートしてくれていた方が中心でした。ただ、2019年からはより会社として成果を上げていくため、コミットメント高くこの領域に尽力していただける仲間を集めていきたいと思っています。

編集・執筆経験がない方

もっとみる